無料ブログ作成サービス JUGEM
みかみにメールはこちらにどうぞ。



↓ ↓ 伝説の「ヒキョーな化学」がゴロゴとタッグを組んで降臨 ↓ ↓

★化学基礎ゴロゴ★ 発売!! 


YOUTUBE 旅人みかみの受験化学の研究 


発信!みかみの参考書ブログ(YOUTUBE連動中!) 


↓ ↓ DVD販売・レンタルDVDは継続受付中です ↓ ↓

【炎化学DVD購入はこちら】 【化学DVDレンタルはこちら】

【数学DVDレンタルはこちら】 【英語天塾DVDレンタルはこちら】


人に会わないこと。

俺はここ数年、塾や予備校関係者の人にほとんど会っていない。

 

ゴロゴ関係と学びエイド関係だけが例外だ。

 

その代わり、その人たちとはかなり親しくさせていただいていると俺は勝手に思っている。

 

学びエイドの松本さんとはカンボジアにまで一緒に行ったほどのダチだし、今日は小笠原社長を訪ねる旅でもうすぐ搭乗だ。

 

久々に会えるので楽しみだ。

 

俺は個性を大事にしている偏屈男なので、世の中の常識とか平均とか一切関係ないところで生きている。

 

 

 

 

フェイスブックでもインスタでもそうだが、友達をいっぱい増やしたいとは思っていない。

 

そもそもよく知らない人の文章や写真がダラダラと流れてきても困るし、興味も持てない。

 

最近は、フェイスブックで友達申請の催促のようなものまでくるようになったが、誰かわからない人と繋がらんでいいって思う。

 

 

 

これが学校なら「みんなと仲良くしなさい。」と怒られると思うのだが、大人でよかった。

 

これからも大人の特権を活かして、偏屈男でありたいと思う。

 

 

忙しいので今日はこれだけ。

 

さらば。

 

| 炎みかみちゃん | - | comments(0) | - |
ラッキーアクション

スランプが来たり、面倒があったり、調子が悪かったりするときがある。

 

俺はそう言うときのためにラッキーアクションを決めている。

 

かつ。

 

セリフも決めている。

 

 

 

例えば、仕事をしててムカついたりすることがある。

 

早く気分転換をしないといけない。

 

 

そう言うときは、コンビニでアイスクリームを買って帰ることにしている。

 

コンビニのアイスを買う前に「アイスでも食って気分を変えるか。」と言いながらコンビニに入る。

 

そして一番気分が上がりそうなアイスを買って、家に戻ってアイスを食う。

 

 

そもそも俺らみたいな酒飲みは、甘いものを食うことがない。

 

ケーキとかスイーツ系のものは嫌いだ。

 

俺の周りで、「先生、ケーキでも行きますか?」とか言ってくるやつはやつはいない。

 

どうしてもケーキがあるような店に入らないといけないときは、コーヒーだけを頼むようにする。

 

どうしてもケーキセットを頼まないといけないときは、一番小さいのを頼んで、持って来てもらった時に食ったことにしてください。と言って下げてもらう。

 

とにかくスイーツ系は非日常だ。

 

 

だが、不思議なことはアイスクリームは食える。

 

だからスランプや気分を変えたいときはアイスクリームを食っている。

 

一番好きなのはグリコジャイアントコーンだ。

 

カップのアイスはスプーンが面倒なので好きじゃない。

 

 

人間のリズムは一定ではない。

 

特に俺なんか定期的に死にたい願望が押し寄せてくるが、負けないように工夫しながら生きていこうと思っている。

 

今週も忙しい。

 

頑張ろうっと。

 

 

| 炎みかみちゃん | - | comments(0) | - |
ラッキーアクション

スランプが来たり、面倒があったり、調子が悪かったりするときがある。

 

俺はそう言うときのためにラッキーアクションを決めている。

 

かつ。

 

セリフも決めている。

 

 

 

例えば、仕事をしててムカついたりすることがある。

 

早く気分転換をしないといけない。

 

 

そう言うときは、コンビニでアイスクリームを買って帰ることにしている。

 

コンビニのアイスを買う前に「アイスでも食って気分を変えるか。」と言いながらコンビニに入る。

 

そして一番気分が上がりそうなアイスを買って、家に戻ってアイスを食う。

 

 

そもそも俺らみたいな酒飲みは、甘いものを食うことがない。

 

ケーキとかスイーツ系のものは嫌いだ。

 

俺の周りで、「先生、ケーキでも行きますか?」とか言ってくるやつはやつはいない。

 

どうしてもケーキがあるような店に入らないといけないときは、コーヒーだけを頼むようにする。

 

どうしてもケーキセットを頼まないといけないときは、一番小さいのを頼んで、持って来てもらった時に食ったことにしてください。と言って下げてもらう。

 

とにかくスイーツ系は非日常だ。

 

 

だが、不思議なことはアイスクリームは食える。

 

だからスランプや気分を変えたいときはアイスクリームを食っている。

 

一番好きなのはグリコジャイアントコーンだ。

 

カップのアイスはスプーンが面倒なので好きじゃない。

 

 

人間のリズムは一定ではない。

 

特に俺なんか定期的に死にたい願望が押し寄せてくるが、負けないように工夫しながら生きていこうと思っている。

 

今週も忙しい。

 

頑張ろうっと。

 

 

| 炎みかみちゃん | - | comments(0) | - |
家のものを猛烈に捨てる初日。

今日から家のものを大量に捨てようと思う。

 

捨てなければ、新しいものが入ってこない。

 

服も昨年着なかったものは、全部捨てよう。

 

書類も見なかったものは全部捨てる。

 

本も参考書と漫画以外は捨てよう。

 

24時間仕事モードに切り替えるようにためにも、必要ないものは家にあっても仕方がない。

 

メルカリにでも出したら少しは金になるかもしれないが、発送する時間がもったいない。

 

夏服だけはカンボジアに持って行こう。

 

俺の服はユニクロの服とかに比べるといい服なはずだから、再利用してもらおう。

 

 

ガラッと変える。

 

今までの生き方を変えようと思う。

 

 

車でいうフルモデルチェンジまではいかないが(そうなると転職のレベルになるので)、マイナーチェンジくらいする覚悟だ。

 

気持ちが熱いうちにやり切ってしまわなければ今までと同じになる。

 

何としてもやろうと思う。

 

 

| 炎みかみちゃん | - | comments(0) | - |
読書。

最近また読書をするようになった。

 

移動が多かった頃は、おそらく1年に400冊くらい読んでいたと思うのだが、最近は生活が普通だったので読書がぐっと減っていた。

 

最近、週に5冊くらいのペースで本を読み始めている。

 

読書を始めた理由は、自分を変えようと思っているからだ。

 

本気で自分を変えようと思っている。

 

 

そのためにいろいろなことを決めていっている。

 

誰もやっていないことをやらないといけない。

 

何も参考にせずに、自分の心のうちから湧き出るものを具現化させる。

 

俺の人生は俺のものだ。

 

決して人の評価で生きるものではない。

 

 

本を読みながらいろいろなことを考えている。

 

今までの生活や環境を変えていかなければ、新しい自分が入るスペースを作ることができない。

 

 

ここ最近読んだ本にこう書いてあった。

 

「未来は今日の積み重ねなのである。」と。

 

 

成績を上げたいなあと思っている子はいっぱいいるが、成績を上げる行動を今日しなければ明日へと繋がらない。

 

つまり成績が上がる未来といまが結びつかないことになる。

 

 

will という助動詞が好きなのだが、 I will go to school tomorrow.  私は明日学校に行くだろう。

 

この行くだろうには自分の中で行くことが確定している。

 

 

今日の積み重ねはまさに will だと思っている。

 

私は学校に行くだろう。といえば、明日になれば自分で勉強道具を持って学校に行くのである。

 

つまり、今日は明日に備えて早く寝るのである。

 

つまり、明日の時間割を見てカバンに教科書を詰めるのである。

 

つまり、明日提出するはずの宿題を今日やるのである。

 

 

自分が新しく何者かになるとすれば、それは will  でもはやその準備が始まっていなければならない。

 

だから、俺はいろいろなことを捨て、いろいろなことを変え、いろいろなことを始める準備を開始している。

 

 

 

寿命が延びている。

 

もし俺らが死ぬ頃は平均寿命が100歳になってるなら、60歳の定年からまだ40年もある。

 

40年間も縁側で昆布茶飲むなんて、まず無理だね。

 

まだまだもう一つはできる。

 

 

何かもう一つ勝負出来るはずだ。

 

とにかく急いで変わる。

 

脱皮しなければならない。

 

 

I will be a diferrent person.

| 炎みかみちゃん | - | comments(0) | - |
生徒と。

時々、子供達とご飯を食べる。

 

今週は、焼肉とラーメンで計2回一緒に食った。

 

ありがたいなあ、って思う。

 

 

だって、塾を始めたばっかりの頃は、生徒が欲しくて欲しくて通学中の子供を見ながら、「あんなに子供がいるのにどうして俺のところにはいないんだろう。」と悲しかったものだ。

 

今は、どこかで子供とすれ違うと「塾生かなあ。」と思って確認している。

 

 

 

 

俺は子供好きだから塾をやっているので、授業しながら子供達を見てるとみんなを抱きしめたくなる衝動に駆られる時がある。

 

昨日は、5人の中学生とラーメンを食いに行った。

 

4人男の子、1人女の子。

 

男の子たちは、替え玉は1個くらいしか食えません。って言ってたのに、俺が替え玉を3回してみせると自分たちも替え玉をしている。

 

おいおい、誰だ?

 

アイスとかジュースとか頼んで。

 

 

昔の自分の夢は大家族を作ることだった。

 

でも、こうやってみんなとご飯を食べてると大家族っぽい気がして、幸せが滲み出てくる感じで嬉しい。

 

結局、みんなで16個の替え玉をしてお会計。

 

ラーメンなのに飲み代くらいのパワーがあるね。

 

 

♪なんでもないようなことが、幸せだったと思う♪

 

 

こういう人生の一つ一つのシーンを忘れないように覚えておこうって思いながらラーメン屋を後にした。

 

 

 

ただ勉強を教えるのと、家族みたいだなあって一緒に勉強するのとではかなり異なると思う。

 

成績を上げるために塾をやっているが、同時に思い出の残る場所になればいいなあと思って、授業をしている。

| 炎みかみちゃん | - | comments(0) | - |
★人を変えることはそう簡単ではない。

生徒が本当に変わって行く瞬間に立ち会える時がある。

 

俺がある日突然、「勉強しなければいけない。」「勉強しかない。」って気づいたように..

 

どっかのCMで「やる気スイッチ」という表現があったが、いきなりやる気スイッチが入る。ことがある。

 

 

でも、このスイッチを押すことはなかなか簡単ではない。

 

毎日好きな食べ物を食ってる人に、嫌いな食い物を選択的に食わせられるだろうか?

 

太っている人に、突然苦しいボディビルを続けさせられるだろうか?

 

なにせ勉強は苦しいのである。

 

わざわざ苦しいことをやるスイッチなど簡単に見つかるはずがない。

 

「当塾は簡単に子供をやる気にさせられます。」という塾があったら、それはもはや詐欺塾だ。

 

危険危険。

 

 

 

例えば、俺らを例にして考えるとわかりやすい。

 

俺らって大体8時間働いてるわけじゃん。

 

これは普通だからいいんだよ。

 

共働きの人は二人で働いてるから、収入が倍になる。

 

でも一人で16時間働けば、一人共働きが完成してお金がすごいスピードでたまっていくだろう。

 

やったらいいよね。

 

でも、でもできない。

 

なんでかってそれは大変なことだってわかっているから。

 

 

あるいは週末に休んでるよね。

 

これを休まなければ単純に給料が1.4倍になる。

 

でも、休むよね?

 

 

 

これを子供にやらせようとしてるのが俺の仕事。

 

しかも俺の塾はトップ層の塾なので、これだけじゃない。

 

土日も休まずに、一人共働きをやりましょう。そしたら、2.8倍の収入になるから。

 

ってそういう感じ。

 

 

そこにいつもいつも挑んでいる。

 

勉強を教えることより、子供たちにやれるという自信や信念を伝えてる。

 

伝わらなくてもいろいろな方法で毎回毎回毎回毎回毎回毎回毎回毎回毎回それを伝える。

 

そっちが実際に大変だ。

 

勉強は説明すれば終わるかもしれないが、それを維持したり自ら勉強するのようになるためには相手の心を揺さぶらないといけない。

 

「勉強やれよ。」と何回も言うだけなら簡単だ。

 

でも、そう簡単な話ではないと俺は思っている。

 

あるときは勉強がどんなにすごいかを話し、ある時は褒めちぎり、ある時は叱ってみたり、ある時は競争心を煽ったり..

 

 

 

 

勉強は人生のすごい武器だと思っている。

 

俺は勉強を知ってから俺の人生が激変した。

 

ワンピースでいえば、いきなり悪魔の実を食べたような...

 

ワンピースでいえば、いきなり覇気が使えるようになったような...

 

 

だから、勉強という武器を手に入れた方がいいと思うんだよ。みんなもね。

 

俺は心から勉強に感謝してるから、心からみんなに勉強を伝えている。

 

 

 

成績を1回だけ上げることはそう難しくない。

 

でも、心を「成績を上げなければいけない。」に変えることこそ意味があると思っている。

 

そうしなければ、成績は上がり続けないだろうし、トップレベルにはなれないだろう。

 

 

成績は学力と生活習慣と気持ちの表れだと思う。

 

他人と単純に比べなくてもいいから、前回の自分には勝って欲しいと思う。

 

それが自分の順位を上げるということなのではないかと思っている。

 

 

 

| 炎みかみちゃん | - | comments(0) | - |
ワニ食ったことありますか?

 

 

 

最近サバイバル系のユーチューブが好きでよく見ている。

 

なんか憧れる。

 

 

俺は別にゲテモノが好きというわけではないのだが、やっぱり一回は挑戦したいみたいので変わったものは食うことにしている。

 

蛇、ワニ、カエル、昆虫類はもう何度も食ったと思う。

 

まあ、別に旨くはないが、それでも知れる喜びは大きい。

 

シャコガイ、ヤシガニ、コウモリ、ネズミ、バッファロー、熊、カンガルー、

 

 

 

旅行先もガイドブックに載っていないようなマニアックなところに行きたい。

 

ヨーロッパとかアメリカのようなある程度完成された国にも時々行くのだが、興味がわかない。

 

俺の卒塾生も旅行好きな生徒が結構いて、みんなアジアが面白いという。

 

やっぱりアジアが最高に面白い。

 

 

 

最近ハマってるのは少数民族だ。

 

最近と言ってもここ10年くらいなのだが、最初に知ったのはアカ族だ。

 

アカ族の家にホームステイするというスタディツアーに参加して、文化を守りながら生きることのすごさを学んだ。

 

アカ族の人たちはおしゃれで、この被り物をしたまま寝るらしい。

 

さらに女の人がすごく働き者で、いろいろなところで行商している。

 

 

 

 

その後、ラフ族やヤオ族、いろいろな民族に会えたが、念願のリス族に会えたときは嬉しかったなあ。

 

女の子の被り物がかわいい。

 

最近ではカトゥー族だな。

 

 

カトゥー族はベトナム政府が保護しているらしく、野生生活している人たちに会うことができた。

 

その一人をある用事があって車に乗せたのだが、鼻をつまんですごく苦しそうだった。

 

人工的な匂いがダメらしい。

 

車の中の普通だと思ってる匂いは、自然に生きる人には無理なんだとわかった。

 

有名なのはカレン族だよね。

 

特に首長族。

 

 

 

でも、もはや首長族は商業用の人しかいなくなってるんじゃないかと思う。

 

僕の知ってる首長族は全員お土産を売っていた。

 

首長族ほど目を惹くグループいないからね。

 

他のグループと一緒に物を売ってても、やっぱり首長族のところ行ってしまうもんね。

 

 

 

歴代、俺が見た中で一番すごかったのはこの子だ。

 

この子には、俺の少数民族大賞(賞品なし)を与える。

 

 

 

 

 

この子、マジでムードいいよ。

 

まずカレン族の首輪をしてるうえに、日焼け止めのタナカ(やってる人がどんどん減ってきている)をアートに塗ってるからね。

 

そのままバナーになりそうなくらいムードいいよね。

 

 

 

そして、俺が今一番関心があるのはモン族。

 

モン族は服の色によって、黒モン族とか白モン族、赤モン族とかいるんだけど最近花モン族という人たちがいることを知った。

 

花モン族?

 

これ↓

 

 

おっしゃれー。

 

これは是非会いに行かなくては。

 

というわけで、今月の旅行は花モン族を探す旅にすることにした。

 

普通、こういうのは特殊なツアーで行くのだが、今回はバイクに乗って自力で探そうと思っている。

 

 

人はどんどん変わってゆく。

 

花モン族もきっと、もう10年もしたらいなくなるだろう。

 

俺は、世界遺産には興味ないけど、世界で生きる人たちには興味がある。

 

 

文化を守って暮らしている人たちに会って、感動することは俺の旅の目的の一つでもある。

 

 

 

日本から出てる有名な何とかツアーには興味ない。

 

まだあまり知られていない不思議なことをもっと知りたい。

 

 

 

俺は俺の道を自由に進んでいきたいと思っている。

 

中間テストがすんだら、中国とベトナムの国境に住む花モン族を探しに行ってくるつもりだ。

 

| 炎みかみちゃん | - | comments(0) | - |
★ゴリラの術

俺は他の人より明らかに怒りの沸点が下がる時が二つある。

 

一つは、仕事がダブっている時に新たな仕事が飛んで来たり、仕事を減らそうとしているのにゆっくりされたりすること。

 

もう一つは、急な予定変更である。

 

他の人なら気にも留めないことでも、ADHDの俺にとっては大問題なのだ。

 

思考がパニックになって止まってしまう。

 

ただ、リーダーとして怒りっぽいのはどうなのかと自分でも反省している。

 

何かいい方法はないものかと悩んでいたのだが、ある方法を教えてもらった。

 

 

ゴリラの術である。

 

最近、ツイッターでバズったので知っている人もいるかもしれない。

 

https://twitter.com/tanimikitakane/status/974842791627862016/photo/1

 

こういう理解だと、少しは優しい人間になれるかもしれないと思ったりする。

 

 

 

病院に入院して、迷惑をかける老人とニコニコしている老人がいる。

 

俺の祖父なんて迷惑かける老人にestがついた最上級迷惑老人だったわけであるが、俺はそうならないように気をつけたいと思っている。

 

それ以前に、日々を優しく過ごしたいと思っている。

 

 

なので、俺も今日からゴリラの術を使おうと思っている。

 

 

リーダーはゴリラなのだ。

 

 

というわけで怒りっぽい人がいたら、あなたもゴリラになることをお勧めしたい。

| 炎みかみちゃん | - | comments(0) | - |
チラシを書いていないことが発覚。

新年度に入って一度もチラシを書いていない。

 

チラシと言っても、年に2〜3回しか書かないのでまあいいペースなのかもしれないが、いろいろ難しい。

 

というのは、すでにほとんどのクラスで定員になってるから、コストパフォーマンスが悪すぎるのだ。

 

来て欲しいクラスは本当に1クラスか2クラスしかない。

 

まあ、ぶっちゃけると中3クラスなのだが。

 

 

中3は徳山高校を受ける子限定クラスだけなので、そもそも対象の子がそんなにいない。

 

テスト対策の都合もあって、二つの中学からしか募集しないから、さらに生徒が少なくなってしまう。

 

 

にも関わらず満席を目指しているから、ちょっときついんだよね。これが。

 

校門配布やれ?

 

ああ、中学で校門配布とかやりたくないんだよね。俺は。

 

校門配布するくらいなら、他の方法を考えたい。

 

 

俺は嫌なやつと仕事するとか、本当に嫌な仕事をするとモチベーションが下がって、他の仕事に影響するからそういうことはしない。

 

徳山高校限定の中学生縛りをやめたら一気に生徒が数倍になると思うけど、それもやりたくないんだよね。

 

コマ入れすぎると補習とかできなくなるし。

 

 

あと他の雑用が入って来ても受けられなくなるし。

 

というわけでそろそろチラシを書いてみようかと思う今日この頃だ。

 

 

 

チラシを書くタイミングは結構重要だ。

 

「いつやるか?」

 

俺の創作モチベーションが高いときだ。

 

ってわけで「今でしょ。」

 

11月に入ったらセンター準備で死にそうになるので、やるなら今だな。

 

 

 

というより、今日だな。

 

今日書いとこう。

| 炎みかみちゃん | - | comments(0) | - |