無料ブログ作成サービス JUGEM

みかみにメールはこちらにどうぞ。 携帯メルマガはこちらをどうぞ  




新発信!旅人みかみのブログ(YOUTUBE連動中!) 


↓ ↓ ↓ DVD販売・レンタルDVDは継続受付中です ↓ ↓ ↓


【炎化学DVD購入はこちら】


【化学DVDレンタルはこちら】


【数学DVDレンタルはこちら】


【英語天塾DVDレンタルはこちら】


【みかみ推薦の他教科のDVD購入はこちら】


進化する授業。

絶対に授業は進化していくべきであると思う。

なぜなら、生徒が覚える競争をしているように、僕らは覚えてもらう競争をしている。

だから、どうやったら生徒が覚えやすくなるかってことを常に考えたい。

視覚や聴覚なんかをフルに使って、生徒が何かを思い出すときのアンカーをいくつも仕掛けておきたい。

パソコンの普及は、今までの授業の進化を画期的に早めたと思う。

質問が来そうなものを全部選び出しておき、先に解説を作っておく。

もし、生徒から質問がはいったら、リンクを使ってそのページにかっとんで、絵つきで説明する。

考えられる質問をありったけ想定して、できるだけ詳しく解説する。

そんなことは今までできなかったはずだ。

問題演習も同じだ。

類題をいくつも用意しておき、ある問題を解いたときの感触が悪いと思えば、1秒で違う問題を出す。

ユーチューブなどの動画、あるいは画像や3Dのグラフィック。

ホワイトボードや黒板で授業を受けるのとは、ケタ違いにわかりやすくなったはずだ。


僕はすでに3年がかりで化学の解説のページを数百ページ作っていて、問題も解説付きで1000問近く格納している。


ベースの解説ページは参考書に100パーセント連動している。

だから、授業の板書の配置が、参考書の配置と同じになっている。

生徒が参考書を見て復習するとき、板書を思い出しながら勉強できるようにした。

そういう仕組みを生徒が気付かない間に、できるだけたくさん作ってきたし、これからもどんどん作る。

なぜなら、授業は進化する必要があるからだ。


また問題はすべて僕が解いているので、解き方に統一性がある。

この問題はこう解いたのに、なぜこの問題は解き方が違うんですか?ってことがほとんどないはずだ。


今はとにかく、動画や画像を積極的に集めている。

まだ上手にリンクをつないでいないから、それらを有効に使えているわけではない。

でもそう遠くない未来に、網の目のようにリンクをはれると思っている。


昔の戦争は、戦車とか銃とかが中心だったと思う。

湾岸戦争のときに、相手のミサイルを迎撃するパトリオットミサイルなんかがピカピカなってるのをテレビで見て、「これが今の戦争か?」って思った。

でも、授業だってそういう時代がもう来てると思う。




今までと違うルールでものごとが動き始める時代。

そして一気に起こる下剋上。




今、これからの授業の様子だけを書いてみたが、それをただ単にやるだけではきっと成功しない。

戦略ってのは順番があるからだ。

最初に考えるのが、コンセプトだ。

コンセプトが一番重要だ。

そのコンセプトにすべてを従わせて、認知不協和に気をつけながら戦略を組み立てていく。

そうして、最後に見えるのが現象だ。




様変わりするはずだ。

なぜなら、現在IT革命という革命の中に生きているからだ。

| 炎みかみちゃん | 大決心シリーズ | comments(0) | - |
なかま。

僕は、今、一番仲間の存在を感じている。

仲間のみんなはどうかわからないけど、でもね。

僕は幸せを感じてる。



みんながね。

僕のことを一生懸命に考えてくれてるのがね。

今までで一番わかる。

8人の先生で素晴らしきかな…に行ってたときよりね。

僕はみんなの気持ちをね。

しっかり感じてる。

だから、僕は結構いい感じがする。



まあ、ぶっちゃけ今ね、いろいろ大変なわけ。

僕。



調子がいいときなんてね。

勝負にならんよ。



勢いが良かったり運の強いヤツや環境のいいヤツが勝ちやすい。

でもね。

そこ、僕は大事にしてるところじゃないから。



僕は、今まで何度もね。

まわりの人から無理って言われたことに挑戦してきた。


できるんだよ。

他人から無理って言われても、他人が無理って本気で思っててもね。


自分さえ本気でできることを信じてるんだったらね。

その間は苦しいことがいっぱいあるんだよ。

本当に次から次から次から次から次から次からね。

苦しいことが続いてくるんだよ。


だけど…

勝ちグセのある人間なら知ってるんだよ。

そこであきらめちゃあいけないってことをね。

そこであきらめて、挫折したライバルをいっぱい見てきたよ。


どんなに苦しくても辛くてもね。

目標の方向に向かって前進し続けるんだよ。

倒れるんならね、目標の方に向かって倒れよう。

起きたときに少しでも目標に近づいているようにね。



僕の仲間はたまたま一緒になった仲間なんだけど、この時代にこの時期にたまたま会えた仲間だ。

僕はね。

絶対にこれを知ってる。

自分があきらめなかったら1位になれるってことをね。

絶対に自分があきらめなかったら1位になるよ。

疑うことができない。

それだけはね。

どうやっても疑うことができない。


だからね。

心を折らなければ、死ぬほど苦しいことがいっぱいあるかもしれないけど、勝てるはずなんだ。


僕はね。

稀代の根性家だ。

自分でよくわかる。

根性の才能があるって思うもん。



絶対に行く。

前に行くから。


氷河期が来ようと、隕石が落下しようと、空が落ちてきても前に行く。


もうひとつ奥にある心のスイッチを発動だ。

命がある以上に幸せなことはないはず。


もう一段階、他のことをあきらめてがんばろうと思う。


一つのことに集中するということは、他のことをあきらめるということだ。


さあ、無茶しようかな。

仲間も一緒に無茶してくれよ。

僕と会ったんだから、あきらめてがんばろうぜ。


むちゃみ塾で行ってみるから。

| 炎みかみちゃん | 大決心シリーズ | comments(0) | trackbacks(0) |
まっすぐにゆく。
 掃除中。

1日は絶対にかかる。

まあ、今までめちゃめちゃだったから。

5年分の地層が形成されてるから。



さて、目標を見つけたら次は掃除だ。

そして計画表をつくる。


あとは計画表に従ってがむしゃらに働けばいい。

そして、働きながらちゃんと感謝したり、楽しいな〜〜〜〜〜〜〜。って考えながらやることを忘れないようにする。

うん。

完璧だ。


今まで読んできた本が血になって肉になっている。

今度はそれで作られた体で戦闘開始だ。



人生って何回かがむしゃらにやらないといけないときがあるよ。

まあ、僕で言えば…5回目になるわけだけど。

しかも今回のは少し長めにやろうと思ってる。


誰もできないことをやる。

今から僕がやることを、具体的に知ってるのは地球で僕しかいない。


やった。


僕は自分が定めた目標、頭の中にある想像図を現実にしていくだけだ。

今までは行動がちょっと弱かったから、行動強めで行く予定だ。


もう絶対に誰にも倒すことはできない。

だって僕の、僕だけの道を僕は全力疾走するんだから。

全力疾走って言っても、受験生みたいになりふり構わず全力ダッシュするわけじゃないよ。

僕は大人だから、しがらみや人間関係もあるからね。


年をとればとるほど、頑張る人が減ってくる。

チャレンジャーが減ってくる。


だんだん現実を知ってあきらめていくんだよね。


僕はこの年からでもまだまだゼロスタートのがんばりをやれる。

それは趣味なんかじゃなく、きちんと競争するよ。


時代を変える。

時代を変える。


本気で変える。




みかみって誰だ?ってすべてのライバルが知りたくなるような仕事していくから。

個人チームで、会社や大手と戦うよ。


僕の理論を証明する。

人数が少ない方が有利だってこと。

どんなに大きな組織でもものごとを決めている人間は一人しかいないってこと。

だから、そいつに勝てば革命を起こせる。



伝説を作ってやる。

伝説を作ってやる。

伝説を作ってやる。


僕の命を使って伝説を作る。



ははははー!

見える。


その場所に行く。

何年かかけてその場所に行くから。






あっ、ちなみに
専門家集団と一緒に大きくなるから。



よーし。

命削ってみようかなー。

あー、楽しー。


がんばれることに感謝だなー。


忘れないように赤で書いとこうっと。
| 炎みかみちゃん | 大決心シリーズ | comments(0) | - |
そうか!(ここ数年の目標を変えよう)
 悩んでいたら早く目が覚めてしまった。

色々なことが湧き上がるようにつながるように閃き続けている。

何のために生きているのか?

しあわせって何なのか?

このままでいいのかとかずっと考えていた。


で、思った。



今の目標は目標として効率的じゃないから、目標転換しなければならない。

なぜなら…

僕の目標は2000億円貯金だから、2000億円貯めないといけない。

短期目標はそれぞれ4年ごとにいくら貯金って決まっている。

でも、そういう目標を立ててそこに向かって全力疾走するなら、お金の仕事をやってないといけない。

やっぱりそうなんだ。

お金が一番欲しいなら、お金に手を突っ込んでジャブジャブしないといけない。

例えば、ビルゲイツが貯金を目標に仕事をしたら、今のようにはなってなかったと思う。

なぜなら、ビルゲイツはマイクロソフトと言う世界一の世界一のソフト会社のCEOだったんだから。

マイクロソフトは銀行じゃなく、証券会社でもなく、ソフト会社だ。

ビルゲイツはマイクロソフトを世界一にするために、がんばったんだと思う。


それが、バフェットならまだ許せる気がする。

投資家って仕事の詳細はよくは知らないが、何かを売ってるというよりは、お金を転がしている気がする。

お金を売ってお金を儲けてる気がする。

それならお金ありきな仕事してもいいよね…


お金って真の仕事の後についてくるもので、お金のことを考えながら仕事しなくても、世間の評価の結果がお金なんだから、まず仕事ありきなんじゃないだろうか?

お金を儲けることを考えていて、仕事がおろそかになってるとかそういうことを言ってるんじゃない。

考える順番のことを言ってる。


貯金額の目標を掲げるのは大事なことなのだが、そこから物事を考えるのはどうなんだろう?

そうじゃない気がする。



もう少し追加すると、他人を幸せにすることは自分の幸せにもなる。

承認の欲求が充足されてくると、つまりある程度他人から認められてくるようになると、大体満足してしまう。

食欲と同じような感じかな。

で、今度はみんなで幸せになろうかなって、つまり自分が出来る努力をしたいなって思うようになってくる。

さらには幸せは伝播するから、楽しそうに仕事してみんなとがんばりたいな…ってそんなことを考える。


お金からスタートするより、今の仕事により直結した目標を立てて、そこに向かって突っ走らないといけないんじゃないかって、そっちの方が正しいんじゃないかってそんなことを考えた。



わかりにくいよね。

頭の整理がまだ完璧じゃない。



だからこうなんだ。

お金の目標をいったん置いといて、それは一回忘れておいて、短期目標を変えたい。

短期目標が〇〇円貯金、であってはいけない気がする。

そういう目標はお金をジャブジャブしてる人の目標なんだ、きっと。


ビルゲイツは、お金の目標はきっと置いてなかったんだ。

きっと、それはあとからついてきたことなんだと思う。


僕がやりたいことは何なの?

この仕事を通じて直接的にやりたいことは何?

この仕事の幸せは何なの?って。




で、考えた。


勉強を通じてがんばることを伝道し、合格によって喜びを感じてもらえる仕事をすること。


これが僕の考える幸せな仕事だ。

具体的にはどうするのか?

1番になるよ。

昨日も書いたからね。

2つの1番を目指す。


 .札鵐拭嫉邯海療誠瑤里Δ腺械伊点に絡むこと。

これはセンター受験者の3万人の点数を10点あげるということを意味している。

だから、1年間で30万点上げる方法を今から考える。

いや、正しくない。

1年間で30万点あげるために、自分がすべきことを実行する。


◆ ̄笋截械娃娃或佑寮古未寮犬方に、正の影響を与える生き方をすること。

こっちは1年間でじゃない。

僕に会ったことで「生き方が変わりました。」って言ってくれる生徒が、トータルで3000人を超えるような生き方をする。



そうだ。

そんな感じなんだよ。


ここまで考えたところだ。

まだまだどんどん考えていかなくては…

生き様もクールにしていかないとね。


とりあえず、発見を分かち合いたいので今日気付いたところまでブログにアーップ!


今日もがんばろう。
| 炎みかみちゃん | 大決心シリーズ | comments(2) | - |
びっくりの大発表!(その1)
僕は、もう合格を売るのはやめることにする。

親しい人にだけ話していたが、実は夏頃から決めていた。

誰がどこの大学に合格したとか、何人合格したとか、そういう売り方はもうやめる。

どこに何人合格したってのは予備校にまかせたい。

母集団の人数が多ければ多いほど、その人数に比例してトップの生徒が増えるのは当たり前のことだ。

生徒が1万人いて、東大に100人くらい通らなかったら逆におかしいだろ。

その塾。

ところで、埋もれた大半の子達はどうなるの?

あるいは入塾試験があるんなら、そりゃあ賢い子ばかりになるだろう。

医学部専門の塾もそういう子しかいないんだから、医学部何人とか当たり前だ。

みかみ塾は入塾試験なんかやってない。

でも、東大や京大などすべての旧帝大に受験生がいるし、医学部受験者もわんさかいるし、すでに私立や国立推薦で医学部合格者も塾生の1割くらい出ている。

旧帝大もしくは旧帝大レベルと医学部で50%以上いると思う。

しかも炎集団のブログ見てもらったらわかるけど、4月に志望校を激上げした子たちも多い。

でも、いいの。

もうそういうレトロな勝負はやめちゃった。

みかみ塾。

そのレトロ競争から降ります!

さよならー。


誰がどこに合格したー!って威張るのはやるけど(これはまあ、僕の性格の問題だからね)、何人がどこ、とかそういう勝負はやらない。

ここからが重要。

お目々を見開いてよく読んでよ?

単科の塾に求められる最も大事なことって何か?

ってことだ。

何だと思う?







続いたりして〜。

おほほー。
| 炎みかみちゃん | 大決心シリーズ | comments(3) | - |
2008を決めた。
抱負

よし!できることは全部やる。
| 炎みかみちゃん | 大決心シリーズ | comments(2) | - |
エントリー。
エントリーナンバー1番。

みかみ塾。


みかみ塾は来年から日本最大のネット塾を作ります。

近未来に、ネット塾って言ったら全国の人が全員みかみ塾を思い浮かべるような、そういう塾つくりを目指します。

これは資金の勝負でもありますが、頭の勝負であるとも思っています。

だから勝ちます。

何が何でも勝ちます。

今日からみかみ塾の肩書きを増やしますので、皆さん。

どうか、よろしくお願いします。

ブランド名はミカミーヌでいきます。


日本最大のネット塾

『ミカミーヌ』

よろしくお願いします。
| 炎みかみちゃん | 大決心シリーズ | comments(1) | - |
大決心シリーズ(その3)
みんながハッピーになるビジネスモデルができた。

たぶん大丈夫だ。

一番、ハッピーにしないといけないはお客さんだ。

そうじゃないとたぶん1番にはなれない。

お客さんに喜んでもらえる状態を固定して、そしてそこだけは動かさないようにして、ゲーム理論で計算していく。

さわる場所は、お客さん以外の部分だ。

誰の意見も参考にしてはいけない。

自分の考えだけで、自分のバーチャルワールドを作ってみる。


それが完成したら、守備を先に固めないといけない。

本当は有効な攻撃から考える方が爆発力があると思うのだが、先に守備だ。

前に将棋のことを書いたが、守備が強い方が強いと思う。

究極的な守備は、会社を大きくしないことだ。

あくまでも個人商店のレベルでやることが重要だ。

大手が入ってきたら、どう守るか?

それより大手を入りにくくしておこう。

ビジネスモデル特許なんかも勉強しておく。

僕は昔から特許の勝負は、29条2だと思っている。

自分の権益を主張するより、できるだけ排他することが重要だ。

自分で出願することも考えておこう。

弁理士に頼むと高すぎるのだ。


そして、誰に協力してもらうか?だ。

その人たちとも全部win-winが、成立するようにしておかないといけない。

個人商店でも、人と組みながら仕事をすすめていったら、テンポラリーなプチ会社集団ができる。


全部、頭の中でやるのでちょっと哲学チックだね。

準備は多いほど、安定してくる。

とにかく途方もない準備をしたい。

毎日毎日考えまくろう。

来年は、移動はしないけど、相当やるからね。

大手に挑むよ。

4年かけてがんばりたい。

それより、今日の準備。

今日は気体周辺をきっちりやりたい。

さて、予習をしとかないと。
| 炎みかみちゃん | 大決心シリーズ | comments(0) | - |
大決心(その2)
枠が決まったら、次は全員がwin-winになるように考えないといけない。

全員がハッピーにならなければ、そこからほころび始める。

生徒と、親御さん、そして僕と仲間が全員がハッピーになる方法だ。

必ず全員がハッピーになるビジネスモデルがある。

そこのMAXを探すことだ。
| 炎みかみちゃん | 大決心シリーズ | comments(2) | - |
大決心
このままチマチマやってもだめだと言うことに気づいた。

ありがたい。

本を読んでて気づいた。

そうだった。

塾を始めたときに、業界地図を塗り替えようと思って始めたんだった。

今ある既存のランキングの中で、自分の順位を上げようと思ったんじゃなかった。

危ねー。

そこら辺の塾やら予備校と既存のルールで競争するところだったよ。

ってことは、最初っから大手予備校に勝つ、作戦でいかないと意味がないんだった。

そういうスタンスですべてを組まないといけなかったんだった…

全部の予備校とかに勝ってると、第三者が見ても明白なものを作らないといけないんだった。

よかった。

今気づいて。

間に合う。

来年に間に合う。


すまん。

車を買うのはやめだ。

さらに国民金融公庫にも行って来る。

大借金する。

借金てのは、自分の自信との戦いなんだった。

勝てると思ったら、借金しても大丈夫なんだった。

そうか。

神の声にきちんと耳を傾けなければ…


今までのことが色々つじつまが合うひらめきがあった。

最初は苦戦すると思うが、4年間で軌道に乗せる。

4年かけて頭を使いまくる。

よし。

決定だ。

もう決めた。


手始めに来年は、誰も見たことない日本初のネット塾(今までに全くなかった形態)を構築する。

もちろん、イントロだ。

頭の中には最終系のイメージができた。

あとは具現化するだけだ。

おーし。

行かせてもらいます。

勝っちゃうよ。

うれぴー。

一気に有名にするからね。

テレビが頼みに来るくらいに…

わーい!わーい!
| 炎みかみちゃん | 大決心シリーズ | comments(1) | - |