無料ブログ作成サービス JUGEM

みかみにメールはこちらにどうぞ。 携帯メルマガはこちらをどうぞ  





↓ ↓ ↓ DVD販売・レンタルDVDは継続受付中です ↓ ↓ ↓


【炎化学DVD購入はこちら】


【化学DVDレンタルはこちら】


【数学DVDレンタルはこちら】


【英語天塾DVDレンタルはこちら】


【みかみ推薦の他教科のDVD購入はこちら】


【受験生応援サイト lovuni.com】


受験小説 『金の猿』
ちょっと小説にして、勉強方法を伝えられないだろうか?とふと思って書いてます。(やめるかもしれません。)


第2話 センター42日前


ジリリリリ…

けたたましい音で目覚ましが鳴る。

昨日はギリギリ予定をクリアすることができた。

相変わらず、睡眠不足感が否めない。

もし、今なんでもくれるといったら、3日間眠り続けたい。ってそう言うだろう。

笙は眠い目をこすりながら起きた。

今日はこれとこれと…

内職する教科をかばんにつめる。

そして、天果との待ち合わせの場所へ急ぐ。

天果だ。

天果は、待ち合わせ場所で単語を覚えていた。

「天果〜。おはよ〜。」

「あっ、おはよう。」

「俺さあ、おととい返ってきた模試が最悪でさあ、あと105点だぜ。あと105点でB判。お前どうだったの?」

「あたしー?あたしはやったよ。順調に進んでるよ。」

「ちょっと見せてみろよ〜。」

「いいのー?自信なくすわよ?それより、遠距離イヤだからね。」

天果が、かばんから模試の結果を取り出した。

かばんには、いつのようにガラスの飾りのついた安全ピンが光る。

ガラスの飾りのついた安全ピン。

天果のトレードマークだった。

いつも天果はそのピンを大事にしていた。

前に聞いたことがある。

「天果ー。天果ってさぁ、テストの前は、どうしてその安全ピンを触ってるの?」

「いいの。あたしのお守りなんだから。」

それよりも…

かばんから取り出した模試の結果を見て、笙はびっくりだった。

「えー!!天果って校内1位だったのか?」

「まあね。」

「マジかよ?俺なんか…」

「もー!あと105点上げないと、離れ離れになっちゃうんだからね。絶対にがんばろうね。」

「わかってるよ。」

笙はあせっていた。

あと42日だ。

42日しかない。


正直なところ、残念な結果を想像することは容易だった。

合格発表の時、自分の番号だけない。

そして、天果にこう言う…

「天果ー。ごめん。俺、一生懸命にやったんだけど…」

「いいよ、笙。でも1ヶ月に一回は絶対に会おうね。バイトしようね…」

想像の中の天果は、いつもやさしい天果だった。

最近、そういう想像をついついしてしまう自分がいることに、笙は気づいていた。

学校に着いてからも、笙は悶々としていた。

これで本当に合格できるんだろうか?

いつものように内職しながら、そんな気持ちが消えなかった。

不安の中で覚える勉強は、頭に霞がかかったようで、本当にいい効率ではないと思いながら、他にできることがない自分に苛立ちを感じていた…


学校がすんで、本屋に寄ることにした。

国語がやばすぎるのだ。

このままじゃ、絶対にやばい。

何もやらないってわけにはいかない。



あせる笙の横を、爆音を響かせた真っ赤なスポーツカーが追い越していった…


「ゴールデンモンキー…」

笙はつぶやいた。


つづく。
| 炎みかみちゃん | 受験小説 | comments(0) | - |
受験小説 『金の猿』
ちょっと小説にして、勉強方法を伝えられないだろうか?とふと思った。書いてみよっと。(やめるかもしれません。)


第一話 センター43日前


もう11時だ。

泣けてくる。

寝るまであと2時間しかねぇ。

くそっ、このままセンターに突入したら、どうなるんだ?俺。

神様って本当にいるんだろうか?

神様いるんなら、この俺の気持ちをわかって欲しい。

俺ん家貧乏だし、私立なんか絶対に無理だ。

それどころか、落ちたら予備校さえ無理だ。

俺はどうしても合格しなきゃいけない。

でも、くそっ!

俺みたいに、値段の高い予備校に行かせてもらえず(ってか、親に言い出せるわけない。)、あんな自習みたいな塾だけでどうしろってんだ、全く。

絶対に他のヤツの方が有利に決まってる。

世の中不公平だけど、俺は我慢してやってきた。

なのに…

点が足りない。

しかも、このままやってできるかどうか、それがわからない。

ちくしょー!

でも、俺はあいつと絶対に北海道大学に行きたいんだ。

神様。

頼む。

俺の気持ちをわかって欲しい。

頼みます。

お願いします。


笙(しょう)は、公立高校の3年生だ。

県内では第3位くらいのレベルの高校だ。

笙の高校からだと、上位30人くらいまでは北大に受かることができる。

笙の成績は60番だった。

そして笙の彼女である天果(あまか)は、常にトップ10に入っている。

天果は薬剤師を目指している。

それは1年前のことだった。

天果が笙にこう言った。

「ねえ、笙。一緒に北海道大学に行くってのはどう?北海道ならここから離れまくってるから、こっそり同棲とかできるじゃん。親の監視ないし。楽しそうじゃない?」

「いいねー。北海道とかおしゃれー。」

「じゃあ、私、あさっての三者面談で志望校は北大って言うよ?笙も言ってね。」

「おう、まかせろ。天果と一緒に北海道かー。超うれしいなー。」


…あの時からか。俺が勉強始めたのは。

昨日帰ってきた模試の結果を見た。

あと105点でB判定。

あと105点も足りねぇ。

くそ、天果が北海道に行って、俺が本州じゃ、最悪になっちまう。

遠距離恋愛っても、遠すぎる。

どうすればいいんだ?


ふとある言葉が脳裏をかすめた。



ゴールデンモンキー…



つづく。
| 炎みかみちゃん | 受験小説 | comments(3) | - |