無料ブログ作成サービス JUGEM

みかみにメールはこちらにどうぞ。 携帯メルマガはこちらをどうぞ  




新発信!旅人みかみのブログ 


↓ ↓ ↓ DVD販売・レンタルDVDは継続受付中です ↓ ↓ ↓


【炎化学DVD購入はこちら】


【化学DVDレンタルはこちら】


【数学DVDレンタルはこちら】


【英語天塾DVDレンタルはこちら】


【みかみ推薦の他教科のDVD購入はこちら】


酸塩基練習3.
ヨロレリホ〜〜〜〜〜。

ヨーデルで始めてみました。

二分間で化学を伝えるみかみちゃんです。

おほほー。


まあ、結局あれじゃん。

覚えないといけないこともあるわけ。

理不尽な社会なわけよ。

覚えてないと進めない。

そう。

そういうことなわけ。


あー。君ってさー。

自分の名前言えるー?

なんでー?

徳川の初代将軍言えるー?

中国の首都言えるー?

なんでー?

なんでー?



そう。

覚えてるんだよね。

だから覚えないといけない酸ってのがどうしてもあるわけよ。

もう許して。


ゆるひて…


覚えて欲しいのは酸の名前と化学式。

塩酸、硫酸、硝酸、リン酸、酢酸、炭酸この6個だ。

大学入試の化学では吉草酸とかコハク酸とかは出ない。

まあ、あれやね。

6個だけは完璧にして欲しいわけ。

すぐ言えるようにして欲しいわけ。



書き中。


疲れた。
| 炎みかみちゃん | あのぶん。 | comments(0) | - |
酸塩基練習2.
あー。

ブラボー。

じゃあ、行ってみましょう。

はい。酸。




…ちょっとぉ〜。

想像してよ。

H+を。


さっきのなしなわけー?


行くよ。

はい。

酸!



そう、それで僕と同じ。

僕なんか、『Hな人』って書いてあるとするじゃん?

あれなんか『酸な人。』って見えてしまうときあるからね。


…ウソ。


たとえよ。

たーとーえー。

そのくらいわかってよ〜。


んでんで。

今日のコピーペースト。

略して今日のコピペ行ってみるから。


酸って何か?

っていうこと。

酸ってH+じゃないかって?

そう。

まさにそうなわけ。

でも、少しおまけのイメージをくっつけとくわけよ。


たとえば、ウサギは?

って言われたら耳の長い動物。って想像するじゃん。

でも、そのあとに目が赤いとかニンジン好きとか…おまけのイメージがあるじゃん。

それをくっつけとくわけよ。

酸って何か?

ぶっちゃけ危険で酸っぱいってこと。

H+がね。

危険で酸っぱいわけよ。

マジで塩酸なんかかけられた日にゃ激怒するからね。

かけられたところを洗ったあとに…



塩酸が危険で酸っぱいんじゃなくて、塩酸の中のH+が危険で酸っぱいわけよ。

塩酸のなかにH+がなかったら、もうこりゃあれやね。

歯の抜けた狂犬って感じ。

全然怖くないもんね。

いくら狂犬でも、牙とか歯とかなかったら怖くないじゃん。

まあ、そういう感じだね。


だからっと、酸には必ずH+が含まれてるわけ。

H+ってのはイオンだから、水にとけてH+を出すのが酸ってわけよ。

ちょっと書いてみようか?

塩酸はHClなんだけどね。

HClが水に溶けると必ずH+とCl−に分かれるわけよ。

HClを100個水の中に入れたら、100個ずつのH+とCl−に分かれるからね。

原型なんかとどめんよ?

マジで。

水にHClを入れたら、全部がH+とCl−になるからね。

水に入れたらHClの数ほどH+ができるからね。

こわっ。

怖いアルヨー。



まあ、酢酸なんかはCH3COOHなんだけど、水に100こ入れても1個しかH+にならない。

あとはCH3COOHのままなんだよ。

怖い?

それって怖い?

怖くないじゃん。

HClの100分の1しかH+が出てこないんだから。

あとはCH3COOHのまんまなんだから。

しょぼ。







まあ、だから酢コンブに使われたり、するわけやね。

HClみたいなH+を出すために気合いの入りすぎた酸を酢コンブに使われたらジ・エンドだからね。


コピペ2

『水に溶けてH+を出すものを酸という。』

おまけの一句

『酢コンブに 塩酸使うと ベロ悲劇』
| 炎みかみちゃん | あのぶん。 | comments(0) | - |
酸塩基練習1。
はろー。

えぶりわん。

最初からひらがなスタートしてみる今日この頃。

酸塩基を説明してみちゃう。

ちょっと聞いてみて。

なにー?

忙しー?

そこをなんとか…

なんとか聞いて欲しいわけよ。

ぶっちゃけ、ユーの時間を2分だけギブミープリーズ。

カマンベイベー。

何?

無礼?

ちゃんとプリーズつけたぢゃない。

つけたぢゃないー。


おっと、本題。

今から言う話をしっかり理解しながら聞いてね。

偏差値10しかない君も、東大の理靴鯀世Ψも。

大事なことは、ただひとつ。

『…愛。』

おいっ!

おいっ。

そうぢゃないじゃん。

読者が消えるよ?

見捨てられるよ?

あー。

あーーー。

待ってください。

聞いてくださいませ。

おねがしまふ。


ぺこり。



今から酸塩基を説明します。

炎集団みかみ塾化学専任講師みかみちゃん。酸塩基を説明します。

シュタッ!

大事なことから説明するよ。

大事なことから、理解していくと理解が深く応用性が高いとNASAの研究結果があるくらいだからね。


…あっ、はい。

ウソつきました。



じゃあ、言うね。

酸・塩基で一番大事なことが何か?

今度こそ。


ズバリ…

酸ってH+で、塩基がOH−ってこと。

これが大事。

一番大事。

何ー?

当たり前?

いやいや、そうじゃない。

そうじゃないんだよ。

ウエイト。

とりあえず、ウエイトしてみてよ。

あのー。

パン食べますか?

えっ?食べる?





アイアムエスパー。

今、パンを頭で想像したでしょ?

ミー、トゥー。

僕も想像したさー。

どんなパン想像した?

僕はあんぱん。

表面がテカテカしてて、ゴマがのってるやつ。

じゃんー?

それがパンのイメージなわけよ。

そんなのがないとうまくいかないわけよ。

空想だけじゃできんからね。

沖縄に行って、ヤンバルシーサーハブシュース飲んできて?

って言っても何にも出来んじゃん?

味わからんし。

それじゃ、勉強が進まないわけよ。

イメージの上にイメージを乗せてトーテムポールみたいにするんだから。

えっ?

たとえだよ。

たーとーえ。


ま、とりあえず、酸って言ったら僕はH+っていうのが頭に浮かんでくるわけよ。

塩基って言ったらOH−が頭に浮かんでくるわけ。


さあ、シンクロしよう。

僕の思考を君にコピーペーストちゃん。

いいじゃん?



じゃあ、酸って言ってみるからH+の文字を想像してね。

いくよ?








はい、塩基。




どう?


面白かった?

意表をついてた?



まあ、そういうことやね。

わかった。

酸って言ったらH+を想像して塩基って言ったらOH−を想像して欲しいわけ。


コピーペースト1

『酸はH+で、塩基はOH−である。』
| 炎みかみちゃん | あのぶん。 | comments(0) | - |