無料ブログ作成サービス JUGEM

みかみにメールはこちらにどうぞ。 携帯メルマガはこちらをどうぞ  




新発信!旅人みかみのブログ 


↓ ↓ ↓ DVD販売・レンタルDVDは継続受付中です ↓ ↓ ↓


【炎化学DVD購入はこちら】


【化学DVDレンタルはこちら】


【数学DVDレンタルはこちら】


【英語天塾DVDレンタルはこちら】


【みかみ推薦の他教科のDVD購入はこちら】


自分勝手シリーズ第一弾。
 僕の授業は基本的に予習型だ。

予習型と言うか…学校の進度を全く無視してガンガンすすんでいる。

テスト中だけは、テスト対策のような授業をやってるが、ほとんど興味ない。

復習の方が速度があげられてやりやすい面もあるが、気にせずにやってると予習型になってしまう。


さらには、一応学年ごとに分かれてはいるが、多くのクラスで複数学年が同時に授業を受けている。

高校によっては1年から化学が始まるところがあれば、2年から始まるところがある。


…無学年スタイルを作ってもいいんじゃないか?????

中3や高1では今のDVDはちょっと難しいと思う。

だから、中3や高1からでもわかるDVDを作りたいと思ってしまう。

さらには医学部や難関大学を受ける場合に、早い準備は大きなアドバンテージだ。

まあ、中高一貫のコンセプトも同じようなものだと思うのだが…



無学年スタイルだけど、今どこら辺にいるか子供たちでもわかるように、みかみ高校1年生偏差値50レベル、とかみかみ高校3年生偏差値70レベルとかわかるようにしておいたらどうだろう。

医学部に行く子は、みかみ高校3年の偏差値60までの問題だけやってください。とか、

東大に行く子はみかみ高校3年の偏差値70を超えておいてください。みたいに…



化学ひとりコングロマリット…

時間かかりそうだけど、結局勝とうと思ったらそのくらいまでやらないといけないんだよな。

がんばってみようかな…
| 炎みかみちゃん | 自己中心的ブログ関係 | comments(0) | trackbacks(0) |
王様の朝日記。(カテゴリー自己中)
今日、わしー。

広島弁でいくけぇ。

広島弁はしゃべれるんよ。


だって、わし10年以上広島にすんどったけぇ。



しかも王さんの日記じゃけえ。

カテゴリーも自己中でいったるわいね。



こう、あるじゃろ?

誰でも、得意なポジションっていうのが…


ワシ、誰かに追いつくためとか、ピンチ回復とか、そういうチマチマしたの好かんのよ。

だって、もうワシ、自信のかたまりじゃけえの。


じゃけぇ、ヴィトンたらベンツたら、やっぱ持っとかんといけんのんじゃないかとか思ったわけよ。

でも、昨日チャリで車買いに行ってしもうたけぇの。

チャリに乗って買うか?


「すみませーん。車ちょうだいやー。」って。

「はーい。」みたいな感じで。


じゃけ、もうワシ代車のっとるけぇ。

どうするん。


今からベンツにもどせんじゃろ?


そこなん。

問題は。



待て待て。

オタフクソースの話を…



おお、今はオタフクソースの話じゃないよ。

そがーな話はあとでしたらええんよ。




今日からまたえらそーに生きていこうかのー?

まあ、それが王さんの立ち位置ってもじゃろうのう。


ってことで、またえらそーにさしてもらうけぇ。


ワシはわがままが似合う男じゃけぇ。

わがままに行くけぇ。



よろしくの。
| 炎みかみちゃん | 自己中心的ブログ関係 | comments(0) | - |
これからの4年間。


http://www.youtube.com/watch?v=04Dc35Lc1og

ネット塾に関する質問が多いのでここにまとめて書いときます。

ちなみにネット塾はhttp://www.mikamikagaku.com/senmonka/こちらです。

これからはネットに本気で力をかけていきます。

で、どう言う風にやるのか少し詳しく書きます。

興味がある方のみ見て下さい。

まず、ネットで学ぶ方法とDVDで学ぶ方法があります。

基本的には同じ内容です。

DVDだと好きなところで見れますが、ネット塾はパソコンにつながないと見れません。

DVDは仕入れや郵送代がかかるために、ネットの方が少し割安になっています。

(もちろん、通塾より安く設定してあります。)

塾の関係者の方は、基本的にネットでお願いします。

同じ教室なら、何人の生徒さんが見てもかまいません。

自習に活用してください。

料金はネット塾は月謝制です。

一教科5250円/月で見放題です。

英語、数学、化学を選べます。

毎月21000円ですべての授業が見放題になります。

DVDはどのDVDでも1本2100円です。

1時間から2時間収録されていますが、そのバージョンによって若干違います。

英語は英語専門塾である高橋ゼミの高橋先生、天塾の松永先生が自分の塾でやられているように授業をしてくれています。

数学はみかみ塾のともひとが担当しています。

化学は僕です。

生物はWEB玉塾のあの玉先生のアニメーションです。


これからネットに力をいれます。

命かけています。


ご質問のある方はメールかコメントをください。


よろしくお願いします。

ぺこり。
| 炎みかみちゃん | 自己中心的ブログ関係 | comments(5) | - |
目標…じゃなくて予定。「1番になること。」
自分の歩みたい。

他人からあっちがいいよって言われて進む道じゃなく、自分が行きたい方向に進んでみたい。

もし、試練があったとき、他人から言われた道を選んだときは「くそっ!ヤツのせいで!」ってなるだろう。

自分で選んだ道なら「あん時あの人の言うことを聞いときゃ良かった、でも…」ってなるだろう。

他人のせいにするんじゃなく、自分のせいにしていきたい。

自分で選んでいく道は自己責任の道だ。

だからよく考える。

よく考えて失敗の少ないように選ばなくてはいけない…

だからいつも勉強をしていないといけない。

考えてないといけない。

僕が戦略を好きなのは、頭の中でどんどん育てていけるからだ。

まるで理系のやり方だ。

あれをああしてああなって…で置いといて…これをこうしてこう変えて…で、さっきのあれと組み合わせて…


それからもうひとつだ。

カッコよく生きたい。

誰にも屈さず、誰の支配も受けず、自由で楽しそうに…

好きに生きていきたい。

それでいて、みんなに喜んでもらえるような…

傲慢でわがままだけど、みんなにかわいがられるようなそんな生き方をしたい。

ダサくなるのはいやだ。

自分流を貫きとおしたい。

すべての行動が「やっぱりみかみだ。」って言われるように…


好み。くるま。ベンツ。ふく。パパス。たべもの。サシミ。みせ。イザカヤ。たからもの。セイトカラノテガミ。しゅみ。カミン。くつ。クロックス。とけい。データバンク。ぱそこん。バイオ。

さいふのなかみ…4万円カラ80万円。

僕はね。

カッコよく生きるためにがんばることにしてる。

1番を狙い続ける。

今日も昨日もその前も卒塾生から電話がない日がない。

メールが何通も届き続ける。

ありがとう。


あー。

もっとカッコよくいきたい。

1番になりたい。
| 炎みかみちゃん | 自己中心的ブログ関係 | comments(2) | - |
こころについて考える。
僕は、陸上部ではパッとしてなかった。

ただ、高校の時は県の東部では一番強い高校のレギュラー(1年から)で、会社に入った時も、地元の駅伝とかは優勝してた。
(強制的に会社の陸上部に入部させられていた)

でも、パッとしてなかった。

それはあとになって自分でよくわかった。


例えば、どこかの大会に出たとする。

「おっ、俺が現地入りしたぞ。」とか「そこそこ走れるはずだ。」とか、そんなことばかり考えていて、パッとしてなかった。

どう言うんだろう。

芯が入ってなかったんだよね。

芯がね。



年を重ねていき、競争を何度も繰り返しているうちにパッとすることってのがどんなんことなのかわかってきた。

だから、今はパッとしてるわけ。

「今はパッとしてるんですか?」

「前と違うんですか?」

あー。

全然違うね。

だって勝てる気満々なんだもん。



何が違うかを書いてみる。



それは一言で言えば、「自分がやろう。」って思ってるってことだ。

もし、順位をつけられることがあるんなら、「僕がまず1位をとろう。」って思ってる。

他人に全く依存していない。

他人に助けてもらおうとか、運が良かったらとか、そんなの一切考えていない。

姿勢としては

「俺がやるから、ついてこい。」の姿勢だ。

「一番は俺なんだから、見とけよ。」の姿勢だ。

…相変わらず、横柄。

カテゴリを「自己中心的ブログ関係」に変えておこう。

それはいい。

それはいいんだ、今はね。


センター1日目に不安を感じてる子がいたら、少しでもヒントにして欲しい。

もし、僕がセンター1日目でなんとなく不安を感じたとする。

その場合はどういう精神状態で2日目に突っ込むかってことをね。


1日目に不安を感じたとする。

きっとこう思うだろう。

もしミスったとすれば、他の多くのヤツもミスってるはず。

そしてこう頭の中で唱える。

「サテ、ドウヤッテ カツカ?

今の僕ならそう考えると思う。

どうやって勝つか?なのだ。


そしてきっとこういう結論に達するはずだ。


もしもミスったとすれば、合計で少しの失点は避けられない。

だけど、自分にできることは最善を尽くすことだけなんだから…

まず、明日のケアレスミスを防ごう → 問題文の句読点まで絶対に読もう。

動揺するのをやめよう → 合格するのは決まってるわけだから、動揺するより合理的にやらなくてはいけない。

流れを変えよう → 違う色の服(制服の下に着るもの)を着よう。

今日と明日は別物だ。

今日の戦いは今日の戦い。

明日の戦いは明日の戦い。

とりあえず、明日の戦いは完勝しておこう。

ま…とりあえずこれで勝てるだろう。


そんな感じだろうか。

とりあえず、勝てるんだから丁寧にいくことを気をつけると思う。

大まかな勉強はもうすんでるわけだから、あとは失点をゼロにしながら、自分を信じると思う。

何にせよ。

自分の力でやるしかないってことを強く意識している。



今日にぼんやりと不安を感じてるみんな。

前を向こう。

明日の勝ち方を考えよう。


明日どう攻めるか?

それこそ重要だ。



健闘を祈るぜ!
| 炎みかみちゃん | 自己中心的ブログ関係 | comments(4) | - |
敬礼
決めたことはきちんと本気でやるべきだ。

本気でやってるからいいんだ。


昔、会社にいた頃、会社の入口の守衛さんが敬礼をやっていた。

僕らは新入社員教育で、その練習をさせられた。

最初、敬礼の練習なんてって馬鹿にしていた。

でも、講師の守衛さんは、まじめに一生懸命に敬礼のやり方を教えてくれた。

大きい声を張り上げて

「敬礼!」

何度も言った。

たかが18歳の僕は、その時だけはオーバリアクションでやったふりの敬礼を何度もした。

僕はどっちかって言うと軽い感じを大事にしていた。

そんなものをきちんとやるなんて、ちょっとカッコ悪いって思っていた。

もちろん、てきとーにやってるふりをしていたから合格をもらえた。

ま、要領ってことだ。



カッコ悪かった僕を時々思い出す。

あの時、僕一人でも本気でやればよかった。

みんなが笑ってもいいから、馬鹿みたいに一生懸命に敬礼の練習をすればよかった。

全力の声で「はいっ!」って言えばよかった。

声が枯れるほど、本気を出せばよかった…




そして僕は、16年間もお世話になった会社をやめて、いきなり自営業になった。

今までの生活が全く変わった。

収入もゼロ、信用もゼロ。

まさに無職という状態だった。


でも、僕は決めていた。

「俺は今日からこの仕事に命をかける。」

「失敗したら死ぬ。」

「日本一を目指す。」

ってことを。



僕はちゃんとやる。

本気でやる。


本気の勝負をきちんとやる。

僕は今は気づいている。

ダサく見えることでも、面倒なことでも、カッコ悪いことでも、一生懸命にやりゃあカッコイイってことを。

そいつを貫けばカッコイイんだ。

あの守衛さんの敬礼を、時々思い出す時がある。


やっぱりあれはすごくカッコよくて、カッコ悪かったのは僕の方だ。

あの守衛さんは、気づいていただろう。

カッコ悪い僕のことを。



独立した今、僕はカッコいい自分を取り戻す。

きちんと本気で頑張る日々を送る。



自分がカッコいいかどうか、未来の僕ならわかると思う。

未来の僕。


僕に任せろ。

カッコよく自分の年をとらせていく。


最後の最後に死ぬほどカッコいい敬礼を決めてリタイアだ!
| 炎みかみちゃん | 自己中心的ブログ関係 | comments(0) | - |
大事なこと
今日ね。

今日。

大事なことに気づいた。

大勢の人なんか関係ないってこと。

よくよく考えたら、多数の他人からの評価なんてどうでもいいんだ。

多数にどう思われるかより、一人ひとりの関係がきちんとしてればそれでいいんじゃないかってこと。

僕が、誰かを大切に思う。

そしてその人に大切に接する。

それで十分。

それだけでいいんじゃないだろうか?


誰かが、僕に質問をしてくれる。

誰もいなくても、その質問を答えることに本当のベストを尽くす。

そこに誰もいる必要なんかない。

その質問を、その子のために最善を尽くして答える。

そしたら、その子と僕との間に信頼関係が生まれる。

それで十分。


人間関係を考えるときは、漠然と1対大勢、つまり自分と他の人っていう感じでとらえやすいが、実際はそうなっていないことに気づく。

関係ない第3者にどう思われるかなんてどうでもいい。

だって、第3者は、誰か、僕を知ってる誰かを介在して第3者が存在してるんだから。

僕がその誰かときちんと接していればそれでいいんだと思う。


自分とまわりの関係があるんじゃなくて、自分と誰かの関係がいくつも集まって、自分とまわりができるんじゃないだろうか。

僕と仲間、じゃなくて僕と一人ひとりが線で結ばれて、いっぱいの線で仲間の集団になる気がする。

僕と生徒、じゃなくて僕と一人ひとりとの関係があって、みんなとの関係ができてるんだと思う。



さっきある子と話してそれを感じた。

その子はいつも僕にやさしく接してくれる。

いつも気を使ってくれる。

やさしい気持ちがすごく伝わってくる。



僕ももっと特定のみんなに…

特定のみんなっていうのは、一人ひとりの全員という意味だ。

特別のみんなにやさしくなれるように努力をしたいと思う。

そう気づけた。

周りのみんなは、「みんなs」じゃなくて「a 誰かの集団」じゃない。

きっと「The 誰かの集団」なんだと思う。

一人ひとりはきっと特別で、その人から見ると、その人が主人公で、その人が主役だってことだ。



心はまだ成長できる。

がんばりたい。



人間として成長していきたい。



ありがとう。キャサリン。

今日、一歩前進した。
| 炎みかみちゃん | 自己中心的ブログ関係 | comments(1) | - |
来週新潟
来週。

溶解度積


2年無機プリント一気
| 炎みかみちゃん | 自己中心的ブログ関係 | comments(0) | - |
むこうの海には何があるか?
もっと我流にならなければいけない。

他人がやってることと同じでは、勝つことは出来ても引き離すのが難しい。

政治でもそうだろう。

僕は政治は詳しくないが、わかる。

みんなで相談しあって決定していくものからは、無難なものはできるが、革新的なを起こすことはきっと出来ない。

会社でもきっと同じだろう。

会議室から生まれるものはアベレージなのだ。

勝つためには独創が必要だ。

いきなりの閃きなんかを形にしなければいけない。

いきなり閃いたものを、言葉で詳細に語ることは出来ない。

語りはじめたり、説明したりしてる間に、アベレージに近づいていく。

直感のようなものを大事にしながら、できるだけワンマンに仕事を進めていく必要がある。

とにかく他人の意見に耳を貸さないことが重要だ。

ただ、絶対に善から外れないように、自己責任を持って常に細心の注意を払う必要があることも確かだ。


今、僕はある閃きを待っているのだが、まだこれと言った案が出ていない。

ずっと考えておく。

考え続けていれば、必ず案が生まれる。

その案が、我流であることが必要だ。

来年は今年は大きく変えるつもりだ。

移動も今年の半分以下にしたいと思っている。


とにかく絶対に勝つ。

勝つためにやる。

勝つまでやる。

勝つのは決定。

意地でも勝つ。

もう勝つことしか考えていない。

投資や借金も自分をどれだけ信じられて、自分にどのくらいの自信があるかって言ってみればそういうことだろう。

やるけんね。

来年はやるけんね。


勝つの決定。

僕おめでとう。

ありがとう。
| 炎みかみちゃん | 自己中心的ブログ関係 | comments(0) | - |
一瞬でも打ちに戻る。(プロのブロガーの宿命)
一瞬ホテルに戻ってきた。

一瞬だ。

そう。

ブログを打つためだ。

そしてこのページを紹介するためだ。

メールも全く読めずにすみません。

明日、東京に戻ったらすぐに読みます。

代わりにこのページをご覧ください。
| 炎みかみちゃん | 自己中心的ブログ関係 | comments(0) | - |