無料ブログ作成サービス JUGEM
みかみにメールはこちらにどうぞ。



↓ ↓ 伝説の「ヒキョーな化学」がゴロゴとタッグを組んで降臨 ↓ ↓

★化学基礎ゴロゴ★ 発売!! 


YOUTUBE 旅人みかみの受験化学の研究 


発信!みかみの参考書ブログ(YOUTUBE連動中!) 


↓ ↓ DVD販売・レンタルDVDは継続受付中です ↓ ↓

【炎化学DVD購入はこちら】 【化学DVDレンタルはこちら】

【数学DVDレンタルはこちら】 【英語天塾DVDレンタルはこちら】


←prev entry Top next entry→
情と理
 会社にいたころ、研修の席で情と理ってのがあるってことを学んだ。

その先生はこう言われた。

「男の人は理が優勢。女の人は情が優勢です。」

意味がわからなかった。

その先生はこう続けられた。

「脳梁の太さが違いますからね。」

脳梁によって左脳と右脳がつながっていることはもちろん知っていた。

でも、それが理と情の差を分けているという解釈を考えたことがなかった。

「例えば、あなた、押し花ってどう思います?きれいです?」

心の中で「別にぃ。」と思った。

「女の人はそれのきれいさがわかるんですよ。」

「あなたはゴミの分別をわざわざすることをどう思いますか?」

「面倒だろうよ。それは。」って思った。

「女の人は、それは当然だと思うんですよ。」と教えられた。

「女の人方が情の力が優れているから、地球に対する愛情も高いんですよ。」

「雨が素敵だと感じるのも、花壇を見てしまうのも、人の心の中身が見えやすいのも全部女の人なんですよ。」

って言われた。

本当に驚いた。

本当にびっくりした。

「じゃあ、どうすればいいんですか?」

必死で聞いた。

「女の人に教えてもらうしかありません。女の人にそっぽを向かれたら、もう要注意です。女の人が持っている地球に対する愛情を学んで、自分がバランスよく成長するしかありません。」

僕はその言葉をずっと覚えていた。

塾を始めるときに、「おとうさんじゃなく、おかあさんにかわいがられる塾を作っていこう。」そう決めた。

お母さんが支持してくれない塾は、情が足りなくなっているのだ。

それでは、バランスが悪くなってしまう。

そんな塾は衰退が早いだろう。


だから、女の人の意見からは、できるだけ学ぶようにしている。



最近急にまた学べることが多くなった。

そっか、そこはお金じゃないのか…

そっか、そこはそれだけのことこそ大事なのか…



バランスよく、幸せに生きていきたい。

また、自分が幸せになったものはその都度、周りの人に返しながら成長していきたい。


みんないつもありがとう。

みんなに守られてる気がする。

もちろん…

              僕もみんなを守りたい。
| 炎みかみちゃん | あいのうた。 | comments(0) | - |
Comment
name:
email:
url:
comments: