無料ブログ作成サービス JUGEM
みかみにメールはこちらにどうぞ。



↓ ↓ 伝説の「ヒキョーな化学」がゴロゴとタッグを組んで降臨 ↓ ↓

★化学基礎ゴロゴ★ 発売!! 


YOUTUBE 旅人みかみの受験化学の研究 


発信!みかみの参考書ブログ(YOUTUBE連動中!) 


↓ ↓ DVD販売・レンタルDVDは継続受付中です ↓ ↓

【炎化学DVD購入はこちら】 【化学DVDレンタルはこちら】

【数学DVDレンタルはこちら】 【英語天塾DVDレンタルはこちら】


←prev entry Top next entry→
みかみの戦略。その3

モノの戦略を考えてみたい。

モノの戦略とは、簡単に言えば形に残る戦略だ。

例えば、僕は経営をやっている。

1億円お金を持っているのと100万円持っているの、どっちが偉いか?

そう聞かれたら、「1億円です。」って、そういう世界だ。

本当はシンプルなのだ。

でも、実際には僕も含め、多くの経営者はそう答えないことが多い。

多くの人は最初に自分を正当化する言い訳から入る。

自分のポジションの言い訳をしても仕方がない。

結局、経営って競争は利潤を追い求めるバトルをしているのだ。

だから、1億円持っている人は持っている理由があって、それが結果なのだ。

で、それが重要だ。

「でも…」

そういう風に相手のあらを探しているうちは、行動に移すことができない。


経営競争は、ただ単に利潤の競争しているのであって、そこに教育理念や、自分の信念を持ち込むことは話が違う。


同じように何かになるためには理由がいる。

例えば、今生徒が10人しかいない塾の塾長には理由がある。

その生徒が急に100人になるとすれば理由が必要だ。

すべてのことに言える。

偏差値30の子が偏差値60になるには理由がいる。

貯金がいきなり10倍になるには理由がいる。


その理由を冷静に考え、分析し、何が足りないのか、何をすればいいのかを考えることで勝つことができる。

例えば、僕だったらどうすれば化学の点が100点になるのか?

多くの例を見ているから知っている。

これが100になるために必要なことだ。

そういうのがよくわかる。

僕じゃなくてもわかるはずだ。

生徒が、自分の答案をしっかり見て、何がどれくらい足りないから100点になれないのか?

本気でじっくり考えればわかるはずだ。

どうすれば、どれくらい覚えたり問題を解けば100点になるのか、本気で考えればわかると思う。

経営だってなんだって一緒だ。

自分の塾には生徒が10人しかいないとする。

なぜ10人しかいないのか?

本気で考えればわかると思う。

何が必要なのか?

そこに眠っている大きな理由を探さなければいけない。


モノの戦略とは、そこを考えるところからスタートすると思う。


理由をしっかり考えて、そこを解決したり、実行したりする。

実際に戦略を発動させるのは、解決の過程だ。

問題を探す時に使える戦略は、分析方法方法の戦略だが、これはケースバイケース過ぎて傾向しかつかめないと思う。


小さい塾において、一般的な理由を僕なりに書こう。

その塾はどうして大きくならないのか?















…ま、いいか。

また、今度にしようっと。


ちなみに…

今、僕もいくつかの理由を探している。

その理由を見つけて、自分なりに対策を立てないといけない。


まだまだ途上だ。

負けられない。

| 炎みかみちゃん | 学生におくる戦略の勉強 | comments(0) | - |
Comment
name:
email:
url:
comments: