無料ブログ作成サービス JUGEM
みかみにメールはこちらにどうぞ。



↓ ↓ 伝説の「ヒキョーな化学」がゴロゴとタッグを組んで降臨 ↓ ↓

★化学基礎ゴロゴ★ 発売!! 


YOUTUBE 旅人みかみの受験化学の研究 


発信!みかみの参考書ブログ(YOUTUBE連動中!) 


↓ ↓ DVD販売・レンタルDVDは継続受付中です ↓ ↓

【炎化学DVD購入はこちら】 【化学DVDレンタルはこちら】

【数学DVDレンタルはこちら】 【英語天塾DVDレンタルはこちら】


←prev entry Top next entry→
経営のカテゴリで行ってみようか。

プリウスのこと考えると、恐ろしくなってくる。

景気対策とエコ…。

うーん。

(僕はテレビを見ないのでわからないが、すでにモーニングショーとか論じられてるかもしれない)


ハイブリッドカーが売れまくってることは、エコの観点からいいことなんだと思う。

そしてホンダとトヨタががんばって競争している。

それもいいことだと思う。

ただ、この競争に政府が介入したことは本当によかったのだろうか?

これによって、景気の回復が大幅に遅れてしまうことはないんだろうか。


プリウスは他のガソリン車より利益が小さいというのは有名な話だ。

本来利益の高い高級車、例えばレクサスなんかに乗ってる人たちの中にさえプリウスに乗り換えをしている人出始めていると聞く。

エコというキーワードは、高級車志向の人さえ、惹きつける魅力がある。

もちろん、いいことだとは思うのだが…

自動車メーカーの利益が下がってしまう。


さらに、昨年から自動車の日本市場での自動車の台数が減ってきてるらしい。

日本が始まって以来らしい。

車の総数が減ったことは…

もうすぐ団塊の世代が、就労人口からいなくなる。

もっと日本の車の台数が減ってくるだろう。


車の台数が減るということは、利益率を上げていかないといけない方向だと思う。

何せ、車の市場が小さくなっていくことを意味するからだ。

なのに、利益率の小さいプリウス…

日本の車産業は今まで市場が萎むところで仕事をしたことがないはずだ。

もちろん、海外に活路を見出さないといけないことは理解できるのだが、日本人の自動車メーカーの人の給料は、日本の売上の中から出してるんじゃないのかな…

で、自動車なんてものは一種の耐久消費財だから、すぐすぐ買い替えはないと思う。


政府が税制で応援したことで、車の販売台数が必要以上に増えすぎたってことはないんだろうか?

来年以降の販売台数が激減するってことはないんだろうか?


そしたら市場にお金が回らなくなって、デフレとかにならないの??

車売れなくなるし、車屋さんで働いている人の給料下がったりして…


うーん。

どうなんだろう。


そして次の話へと続いていく。

カテゴリを変えたいから、一回ここでおわり。

| 炎みかみちゃん | 経営 | comments(0) | trackbacks(0) |
Comment
name:
email:
url:
comments:
Trackback
http://mikamijuku.jugem.jp/trackback/4717