無料ブログ作成サービス JUGEM
みかみにメールはこちらにどうぞ。



↓ ↓ 伝説の「ヒキョーな化学」がゴロゴとタッグを組んで降臨 ↓ ↓

★化学基礎ゴロゴ★ 発売!! 


YOUTUBE 旅人みかみの受験化学の研究 


発信!みかみの参考書ブログ(YOUTUBE連動中!) 


↓ ↓ DVD販売・レンタルDVDは継続受付中です ↓ ↓

【炎化学DVD購入はこちら】 【化学DVDレンタルはこちら】

【数学DVDレンタルはこちら】 【英語天塾DVDレンタルはこちら】


←prev entry Top next entry→
スラム街の中の孤児院。

その孤児院はスラム街の中にあった。

そして、孤児院に隣接している保育園がある。

目を疑ったよ。

写真じゃわかりにくいかもしれない。

まるで、授業参観のような雰囲気だ。

各国の見学者がものすごく多い。

SN3M0091.jpg

子供たちも慣れた風で、大学生や大人の中を何も気にせず遊んでいる。

僕の経験では、大人がいるところでは、子供ははしゃいで大人は子供の中に引き込まれるのが普通だと思う。

それさえ、ほとんどない。

多くの大人の中で、大人の視線をほとんど気にすることなく子供たちが遊んでいる。

SN3M0092.jpg

その孤児院はものすごく進んでいた。

僕ら用にビデオを見せてくれ、僕ら用に日本語で書いてある資料を見せてくれ、そして上品な日本語で説明してくれた。

そして、教育方法も普通の学校をしのいでるんじゃないか?

そう思わせる勢いがあった。




でもね…

その子たちが住んでいるのはスラムだった。

歩き始めは、そんなに悪い環境じゃなかった。

SN3M0093.jpg

でも、歩き進めていくうちにやっぱりスラムだってことがわかった。

SN3M0097.jpg

狭い道。

両端には家が建っている。

家の中はほとんど丸見え状態だ。

ほとんどの家がこんな感じで、テレビが置いてある。

SN3M0096.jpg

聞いたら、テレビは最高の娯楽で何年もローンを背負って買うらしい。

すべての家の下にはドブ川が流れている。

不衛生だということは、臭気からもよくわかる。

犬を飼っている家もあった。

SN3M0094.jpg

この人たちがこの街から出られる方法があるんだろうか?

まず、いろいろなことを考えるための情報なり、知識なりをあげないといけないだろう。

SN3M0095.jpg

遊ぶ場所もこんな感じだ。



SN3M0098.jpg

この人たちと、本気で話したわけじゃない。

もしかしたら、しあわせって思ってるのかもしれない。

でも、どうなんだろう。


フィリピンのスモーキーマウンテンでも思った。

お金をあげたところで、その脱出方法がわからなければ…

いや、脱出しようと思わなければ脱出することもできない。

余った食事を捨てる人がいる反面、それを食べれずに飢えて死ぬ人がいる…



フィリピンのある1人の少女の話を見たことありますか?

http://www.youtube.com/watch?v=z9PgwIGHO2U&feature=related

ネパールのある1人の少女見たことありますか?

http://www.youtube.com/watch?v=TQO2FwH8xDc&feature=related

エチオピアのある1人の少年見たことがありますか?

http://www.youtube.com/watch?v=pTHC6ftv1Fk&feature=related

ボリビアのある一人の少年見たことがありますか?

http://www.youtube.com/watch?v=KGHLE-OnFzM&feature=related


もしも世界が100人の村だったら…

70人は文字が読めず、50人は栄養失調に苦しみ、1人が瀕死の状態。

たった1人は大学の授業を受け、1人だけがコンピューターを持っている。


今週中に生き残れないであろう人は、100万人もいて、投獄や戦争の恐怖に今、おびえている人は30億人。

もし、冷蔵庫があって服があって、寝る場所があるなら、世界の人の上位4分の1の豊かな生活をしている。

全く字が読めない人が20億人…



僕らはたまたま日本に生まれた。

そして僕がやっている仕事は、世界でたった1%しか行けない大学に行くための塾を経営している。


僕らは何のために生まれてきたんだろう。

僕らは何をやって死ぬのだろう。

僕らはどうしてがんばっているのだろう。

僕らは…



今、大人になって自分の思う人生を歩んでいる。

だから、僕は自分の思う道を進んでいきたいと思う。

自分ができることってなんなのか?

僕だって幸せになりたい。

まわりの人にも幸せになって欲しい…



9月にまた行こうと思っている。

タイの別の孤児院だ。

僕らに何ができるのか?

それを考えたい。


一緒に行きたい人がいれば歓迎するつもりだ。

大人でも大学生でも…

会費は10万円だ。(余ったら寄付に使うし、足りなかったら僕が負担する)

食事はわからないけど、孤児院から出ると思う。

保険とパスポート取得代は自分でとってね。

希望者はコメントにプリーズだ。

大学生で参加希望の人は、できるだけ夏に自分で働いたバイト代を使って欲しいと思う。


さて、自分の仕事をがんばるとしよう。

| 炎みかみちゃん | あべ地球塾への道 | comments(4) | - |
Comment
2010/04/07 12:25 AM posted by: まぁ
僕は、全くカンボジアの事を知りません。
多分、大学生の平均よりも知らないんじゃないかと思います。

でも、テレビとかでは見て悲しくなったりします。
そして、忘れてまた生きる自分がいます。

だから、カンボジアに行ってみて現実を自分の目で見たいです。
ただ、それには自分の覚悟が足りないと思います。

なので、もし覚悟ができたら行きたいのですが、いつまでに申し込み可能ですか?
2010/04/07 1:57 AM posted by: 紙 健師
>この人たちがこの街から出られる方法があるんだろうか?
>まず、いろいろなことを考えるための情報なり、知識なりをあげないといけないだろう。

特にこの部分に強く共感します。
その意味でも、教育を受けられるというだけで幸せですね。

まだ今後の予定がわからないので行けるかどうかわかりませんが、
なるべく行って、自分の五感と直感を駆使して実際に雰囲気を感じ取り、
自分なりにいろいろと考えてみたいと思います。
2010/04/07 2:06 AM posted by: 紙 健師
すみません、読み返していたらもう1つ書きそびれましたことに気がづきました。

>もしかしたら、しあわせって思ってるのかもしれない。

「豊かな」暮らしをしている僕たちからすると、ついついそんなことはないと考えがちですが、
そこで生活している人たちはそれが「普通」、これが「幸せ」と思っているのかもしれませんね。

「ニュースピーク」の問題と似ている気がいたします。言語統制。
北朝鮮の人々が、あれほど(実際に見たわけではないですが)深刻な貧困にあえぎながらも、
たとえば「将軍様、万歳」と仰いでいる(仰がれている)のと現状が似通っている感じがします。
2010/04/09 1:46 PM posted by: みかみ
>まぁさん
まだ未定なのでわからないよ。
カンボジアに行ってみたいのなら、カンボジアに行ってみるのも手だよ。カンボジアならスタディーツアーがいっぱいあるよ。

>紙くん
さすが紙くんが書くと、視点がグローバルっぽくなるね。ありがとう。僕も語学がんばろうっと。
(紙くんには負けるけど)
name:
email:
url:
comments: