無料ブログ作成サービス JUGEM
みかみにメールはこちらにどうぞ。



↓ ↓ 伝説の「ヒキョーな化学」がゴロゴとタッグを組んで降臨 ↓ ↓

★化学基礎ゴロゴ★ 発売!! 


YOUTUBE 旅人みかみの受験化学の研究 


発信!みかみの参考書ブログ(YOUTUBE連動中!) 


↓ ↓ DVD販売・レンタルDVDは継続受付中です ↓ ↓

【炎化学DVD購入はこちら】 【化学DVDレンタルはこちら】

【数学DVDレンタルはこちら】 【英語天塾DVDレンタルはこちら】


←prev entry Top next entry→
俺が化学の道に進んだ理由。

俺は高校生の時から化学科だ。

 

その後、化学会社に就職し、大学、大学院と化学科で、また会社に戻ってから化学の研究。

 

そして今は化学の先生。

 

15歳からずっと化学科なので、俺の周りのやつも化学をやってるやつが多い。

 

15歳のときに、まさか俺が一生化学をやることになるとは全然気づかなかった。

 

 

あれは中3の冬だった。

 

貧乏な家で育った俺は、定時制高校に進学しようと密かに決めていた。

 

ただそれを先生に言うタイミングがなくて、時間が流れていた。

 

結局、親戚達の説得もあり地元の工業高校へ進むことに決めたのは、進路を決める最終日だった。

 

「今日、志望校を言わなかったら中卒ね。」

 

毎日志望校を聞いてくる先生は、業を煮やしながら言ってきた。

 

 

 

「地元の工業高校に行くことにした。」

 

「何科にするの?」

 

「何科でもいい。」

 

「じゃあ、機械科にするよ?」

 

「うん。」

 

「時間がないからすぐに出すからね。変更できないよ。」

 

「うん。」

 

 

 

そうしてクラスで最後に俺の志望校は決まった。

 

いつまでも進路を言わなかった俺に、クラスの友達は「お前、結局どこにしたの?」聞きながら集まって来る。

 

「下松工業の機械科。」

 

「げっ、ホモ。」

 

「どう言うこと?_」

 

「機械科には女子がいないから、自然にホモになるらしいよ。」

 

 

....リサーチ不足だった。

 

工業高校は視野に入れていなかったので、ホモのことまで考えていなかった。

 

 

気づいたら俺は職員にいた。

 

「先生、学科変えてください。」

 

「どこに?」

 

「わかりません。」

 

「わからないってどう言う意味?変えようがないじゃない。」

 

「女子がいる学科にしてください。」

 

「女子がいる学科は化学しかないわよ。」

 

「化学にして下さい。」

 

「あなた、化学好きなの?」

 

「わからないけど、化学がいい。化学しかいかない。俺は化学に行きたい。」

 

その後、無事に希望の化学科に入学することができた。

 

 

 

 

高校入学後の最初の授業で、俺は驚いた。

 

「CH3COOH と H2SO4 わかりますか?」

 

「げっ、これが化学だったのか。俺の嫌いなやつやん。」

 

高校の授業は俺の嫌いな理科の単元だった。

 

化学に関してほとんど無知だったので、こんな勉強を選択してしまった俺は大後悔.......しなかった。

 

...ホモは免れたぜ。

 

 

15歳のガキである。

 

勉強より大事なことがそこにあったのだった。

 

 

 

 

さーせんっ。

 

 

 

 

〜勉強の記事を書こうと思うのに、おかしいことを書いてしまう。

 

そろそろテスト期間だね。

 

睡眠時間を削らずに、「何個覚えたか?」の戦いをするといい。

 

中学生のクラスは全員自己最高点を目指している。

 

ブログを書くのがなかなか大変で、続くかなと言う不安と戦っている。

 

ただ、ブログランキングは応援の一票もらってる気がして、1日に100回ほど確認している。

 

どうかあなたの一票も確認させて欲しい。

 

ブログランキングの今日の目標 「inの数字が2850」になること。

 

よかったら応援してね。

 


人気ブログランキング

| 炎みかみちゃん | - | comments(2) | - |
Comment
2018/10/06 9:00 AM posted by: 超〜塾長
いい話じゃなぁ〜。(^-^)/
変なとこを深堀りされることなく、今後も化学をどんどん深堀りしてくらは〜い!(^-^)/
2018/10/06 9:44 AM posted by: みかみ
こ、これがいい話って....
うう。
今度は真面目なやつを書きます。
name:
email:
url:
comments: