無料ブログ作成サービス JUGEM
みかみにメールはこちらにどうぞ。



↓ ↓ 伝説の「ヒキョーな化学」がゴロゴとタッグを組んで降臨 ↓ ↓

★化学基礎ゴロゴ★ 発売!! 


YOUTUBE 旅人みかみの受験化学の研究 


発信!みかみの参考書ブログ(YOUTUBE連動中!) 


↓ ↓ DVD販売・レンタルDVDは継続受付中です ↓ ↓

【炎化学DVD購入はこちら】 【化学DVDレンタルはこちら】

【数学DVDレンタルはこちら】 【英語天塾DVDレンタルはこちら】


←prev entry Top next entry→
勉強ができるようになるために..

俺が小学6年生だったとき、どっかから校長が赴任してきた。

 

その校長は「素読暗唱」なるものに力を入れていて、4年生以上の子供は月に一つ新しい文章を覚えないといけなかった。

 

最初、そんな企画が続くのかいなと思っていたのだが、合格するまで(漢字を含めて)何度もやり直しをさせられるので、これはマジなのではないかと思い始めた。

 

4月の文章はこれだった。

 

道の精なると精ならざると、業の成ると成らざるとは、志の立つと立たざるとに在るのみ。

 

吉田松陰17歳の時の言葉らしい。

 

 

暗唱内容はだんだん長くなっていった。

 

有名どころでいけば、「からまつ」

 

からまつの林を過ぎて、からまつをしみじみと見き。からまつはさびしかりけり。たびゆくはさびしかりけり。
からまつの林を出でて、からまつの林に入りぬ。からまつの林に入りて、また細く道はつづけり。
からまつの林の奥も、わが通る道はありけり。霧雨のかかる道なり。山風のかよふ道なり。
からまつの林の道は、われのみか、ひともかよひぬ。ほそぼそと通ふ道なり。さびさびといそぐ道なり。
からまつの林を過ぎて、ゆゑしらず歩みひそめつ。からまつはさびしかりけり、からまつとささやきにけり。
 

 

そして、雨にも負けずへとどんどんエスカレートしていった。

 

雨ニモマケズ
風ニモマケズ
雪ニモ夏ノ暑サニモマケヌ
丈夫ナカラダヲモチ
慾ハナク
決シテ瞋ラズ
イツモシヅカニワラッテヰル
一日ニ玄米四合ト
味噌ト少シノ野菜ヲタベ
アラユルコトヲ
ジブンヲカンジョウニ入レズニ
ヨクミキキシワカリ
ソシテワスレズ
野原ノ松ノ林ノ※(「「蔭」の「陰のつくり」に代えて「人がしら/髟のへん」、第4水準2-86-78)
小サナ萓ブキノ小屋ニヰテ
東ニ病気ノコドモアレバ
行ッテ看病シテヤリ
西ニツカレタ母アレバ
行ッテソノ稲ノ朿ヲ負ヒ
南ニ死ニサウナ人アレバ
行ッテコハガラナクテモイヽトイヒ
北ニケンクヮヤソショウガアレバ
ツマラナイカラヤメロトイヒ
ヒドリノトキハナミダヲナガシ
サムサノナツハオロオロアルキ
ミンナニデクノボートヨバレ
ホメラレモセズ
クニモサレズ
サウイフモノニ
ワタシハナリタイ

 

一文字でも字を書き間違ったり、抜かしたりしたらアウトで次の日に再テストになる。

 

恐ろしい企画だった。

 

 

ただ何が言いたいかというと、覚える量は増えていったがみんな慣れていき、それに挑戦できるようになったということだ。

 

 

今、勉強ができなかったり、覚えるのが下手だったとしても、それを繰り返すことでだんだん上手になっていくのではないかと信じている。

 

大事なことは負けないことだ。

 

できないと思うことも、頑張り続けたらいつかきっとできるようになると思っている。

 

 

俺らの仕事はそれを助けることなので、よく親御さんが「うちの子は覚えるのが苦手で。」という話をされるが、それを根気よく10回20回50回100回とやっていけば覚えられるようになってくる。

 

毎日コツコツ頑張って、継続することこそが大事だと俺は思っている。

 

| 炎みかみちゃん | - | comments(0) | - |
Comment
name:
email:
url:
comments: