無料ブログ作成サービス JUGEM
みかみにメールはこちらにどうぞ。



↓ ↓ 伝説の「ヒキョーな化学」がゴロゴとタッグを組んで降臨 ↓ ↓

★化学基礎ゴロゴ★ 発売!! 


YOUTUBE 旅人みかみの受験化学の研究 


発信!みかみの参考書ブログ(YOUTUBE連動中!) 


↓ ↓ DVD販売・レンタルDVDは継続受付中です ↓ ↓

【炎化学DVD購入はこちら】 【化学DVDレンタルはこちら】

【数学DVDレンタルはこちら】 【英語天塾DVDレンタルはこちら】


一番長くいた子。
あれはその子が中学生のときだった。

僕は当時もうすでに中学生を教えていなかったのだが、その子は僕の事務所に毎日来ていた。

地元のトップ高を受けたいという。

その子の実力ではちょっと届かない感じだと思った。

でも、最善を尽くそうと毎日空いた時間に一緒に勉強した。

1日1時間とかしかとれなかったように思うが、それでも毎日一緒に勉強した。

僕は高校生の先生だから、中学生の先生とやった方がいいんじゃないと思いながら、神様がくれためぐりあわせを大切にしようと毎日一緒に勉強した。

…合格した。

「おめでとう。合格したね。」

その子は高校生になった。

僕の仕事も終了だ。

あとは高校生を楽しめばいい…


でも、その子は合格してからも「今日行っていいですか?」っていうメールをよこし、僕が空いてる日には毎日来続けた。

落ちこぼれるんじゃないかって心配した成績だったが、ずっと平均点以上をとり続けた。

何回一緒にご飯を食べただろうか。

100回以上であるのは間違いない。

一番よく行った回転寿司屋さんは、もう役割が決まっていた。

僕がお茶をいれて、その子が醤油をいれてくれる。

早くできた方が、相手の箸をとってあげる。

食べるもの、サーモン、生エビ、タイ、納豆、イカで5皿、それ以上はもういらないと言う。。

目を閉じた状態でも、その子と店に入って、出るまでをシュミレーションすることができる。

3年生になってから、受験勉強が始まった。

学校の勉強から、受験勉強に切り替えた。

なんのためらいもなく、今までよかった学校の成績を捨てた…

そして苦しい勉強が始まった。

何度も何度も何度も何度も何度も何度も何度も何度も…

ものすごくひどく怒ってきた。

親が見たら気絶するだろう。

自分のかわいい娘がこんなに厳しい目に会ってたなんて…

「一回やったところを何回も間違うな!」

「本質をつかんでないから、何回も同じミスをする!」

いっぱいいっぱいものすごく厳しく勉強してきた。

明日は塾を辞めるだろうって思う日が何度もあった。

でも、その子はがんばった。

本当にがんばった。



2週間前、その子は受験のために東京に旅立った。

毎日電話をしてくる。

事務所に誰もいない時間に、毎日電話してくる。

「今日もさみしくなったの?」

「全然。」


「本当に僕のことが大好きで仕方ないんだね。」

「ちょっとしか好きじゃない。」


「帰ったらよしよししたげるからちゃんとがんばろうね。」

「大丈夫。」



毎日電話してくるクセに、口では強がる。

受験中は毎日会いに来るクセして、さみしくないと口で言う。



僕が先生になってから一番長く一緒にいた子だろう。

その子が今日で最後の試験だ。

今日、こんな写真を見た。

こう書いてあった。


「これこっちきて使った裏紙。

うん。

つらい日しかなかったよ

今日私のすべてをだしきってくるから。」

裏紙

涙がでる。





よくがんばったね。

受験生活。

本当にお疲れ様。

本当によくがんばった。




生まれて初めて金賞をあげるよ。





最後に…

合格したら、51%は僕のおかげだから。

さすが僕。







ははは。

大学生になってもがんばろうね。

今日までありがとう。
| 炎みかみちゃん | その他 | comments(2) | - |
参考書校正。
こんどう先生〜〜〜!

うっちゃぁ〜〜〜〜ん。

校正手伝って〜〜〜〜〜!!!



送りますので見てもらえませんか〜〜〜〜〜?
| 炎みかみちゃん | その他 | comments(4) | - |
It's up to you to decide.
今日はものすごく悲しいことがあった。

当分元気が出そうにない。
| 炎みかみちゃん | その他 | comments(0) | - |
べっち。
昨日、べっちの夢を見た。

べっちがテレビに出ていた。

べっちが一生懸命にがんばって成功する瞬間がたまたまテレビで中継されていた。

何人かでテレビを見ていて、テレビを見ている他のみんなはべっちのことをことを知らない。

僕だけが彼のことを知っている。

僕だけはだまってそのテレビを見ていた。

みんなはなぜ僕がそのテレビを見ているかわからない。

僕はそのテレビの中のべっちだけを見ていた。


彼が成功した。


涙が止まらなかった。


最近はべっちに会ってなかったけど、でも彼はきっと頑張ってるに違いない。

正夢になって欲しいな。



べっち、がんばれよ!
| 炎みかみちゃん | その他 | comments(2) | - |
丁寧にやらなければならない…
雑にやっちゃあいけない。

わかるか?

雑にやると、隙(すき)ができる。

そこから綻んで(ほころんで)くる。

だから丁寧(ていねい)にやるんだ。

ちゃんとすべての場所がそれでいいのかを考えて。

自分が雑にしてしまったことは、いつか自分に返ってくる。

いや、それより、丁寧に気持ちを持って接することが大事だ。

人生は、小さいことの積み重ね。

大きいことなんて何もない。

小さいことを雑にやらずに、ひとつひとつきちんと周りのことを考えて。


いいか?

日頃の積み重ねこそが、その人の人生なんだから。

雑にやったら、雑にしか生きられない。


丁寧に。

きれいに…


自分ができる範囲できれいにな。


横着は年とってからだ。

個性を出すのも、型を決めた後だ。


先にきれいな型を学べ。

それが大事だ。


心のこもってる人間にならなければいけない。

それこそが君に伝えたいことだ。



            …君に伝えたいことなんだ。
| 炎みかみちゃん | その他 | comments(0) | - |
僕もカレー。
樋口先生。

僕もさちちゃんに韓国カレーもらいました。

オイシソスムニダ…。

200809012254000.jpg

さちちゃん。

アリガトスムニダ。
| 炎みかみちゃん | その他 | comments(2) | - |
大学に対する自分的考え方。(リスキーブログ)
「せんせーって、なりたいもんがなかったら、いい大学行けって言うじゃん。あれ、なんで?」

「まあ、僕の場合高卒で働いた経験と、会社の金で大学に行かせてもらった経験と、卒業後にその会社に戻って働いた経験、で、会社を辞めた経験があるからね。」

「ふ〜ん。」

「学歴はええよ〜。もうね。水戸黄門の印籠状態だからね。精神的にも社会的にも全然違うよ。」

「じゃあ、せんせーが大学に行ってなかったら今のせんせーはないの?」

「もちろん。1兆%ないね。」

「すごくがんばっても?」

「ないね。」

「死ぬほどがんばっても?」

「ない。僕の場合はないって断言できるよ。」

「どうして?」

「だって挑戦するための材料がなさすぎるんだよ。どういう風にどこまでやれば勝てるのかってまったく見えないじゃん。」

「どういう意味?」

「僕が高卒の時は、大学ってのはすごいところで、そこに進んだらものすごいことをいっぱい習ってるから、もう絶対に勝てないと思ってたわけよ。最初から勝てないと思ってるから勝負にならないよね。」

「じゃあ、大学は結局すごくなかったの?」

「まあそれより、みんながどれくらい頑張ってるのかってことがわかったわけよ。」

「がんばってたの?」

「まあまあじゃない?それより、努力すれば絶対に勝てるってことだけはわかったよ。それに気付けたからね。ぶっちゃけ、今は化学の競争って言うより、経営の競争や教え方の競争じゃん。でも大丈夫なわけよ。みんなの努力の程度が見えるから。」

「ふーん。じゃあ、なんでいい大学のいいの?」

「そりゃあ、当り前じゃん。偏差値が20しかない大学に進んだとするよ。偏差値70の大学の生徒が考えてること想像できる?挑戦するのに不透明な部分が多過ぎない?」

「そっか。」

「だからできるだけ賢い大学に行ってる方がね、友達の考え方にしても何にしてもいいことが多いと僕は思うよ。ただし、やりたいことがある人は別だけどね。」

「わたしはやりたいことがまだ見つかっていないから、頑張った方がいいね。」

「と、思うよ。ただ…」

「?」

「そのがんばりも必死になってやっておいた方がいいよ。それで人生の基準が変ってくるからね。」

「どういうこと?」

「たとえば、TOEICって英語のテストがあるじゃん。あれって、偏差値60くらいの大学に行ったとするじゃん。そこで500点だったとするよね。すると今イチって思われるんだよ?でも、偏差値30の大学なら「おおすげえ〜。」ってことになる。偏差値の高い大学の人はそれほど勉強してなくてもTOEIC600くらいは普通だと思ってるし、偏差値30の大学は500で十分って思うかもしれない。」

「それは英語だけじゃなくて、すべてに言えること?」

「と僕は思うけどね。」

とにかくいい大学を目指すと、

ー分の限界までがんばれるってこと。

⇒達の質がいいってこと。

社会的信用が高いってこと。

いいことだらけだと僕は思うよ。





塾の先生としての、僕の正直な気持ちを書いてみた。

もちろん、反論意見もあると思うが、ただ単に僕の勝手な意見を書いた。

偏った意見であることは間違いないが、僕はやりたいことが見つかってない子はできるだけ偏差値の高い学校に言って欲しいと思っている…
| 炎みかみちゃん | その他 | comments(1) | - |
カエルが欲しい。
両生類とか昆虫とかが好きなのでカエルが飼いたい。

クワガタは数年飼ってたことがあるのだが、越冬するのを飼ってたのでやめ時がわからなくなった。

ま、数年間飼って全滅したけど。

今は、カエルが欲しい。

で、留守する時が多いから、コオロギとかの巣やらも完璧に作って、僕がいない間も野生っぽい環境にしといて、生きられるようにしたい。

目が赤くて緑色のカエルが一番カッコいい。

飼ったことないが…



自分で捕まえたことあるカエルの中で一番レアなのはやっぱりヒキガエルだろう。

中国地方で野生で動いているのを見たことがない。

小学生の冬に、小さな穴を見つけたので、その穴を掘り続けたことがある。

これ以上掘れないってところまで掘って、その穴に手を入れたら気持ちの悪い感触の生き物が手に触れた。

それが冬眠しているヒキガエルだった。

あのカエルどうしたんだっけ?



あー。

目が赤いカエルが欲しいなー。
| 炎みかみちゃん | その他 | comments(1) | - |
ランニング2。
今日はまだ2日目なのに、もうプロランナーの気分で飛ばしすぎた。

やってしまった。

激疲労。

200805151233000.jpg
| 炎みかみちゃん | その他 | comments(1) | - |
ねこにゃ〜☆さ〜ん。
ねこにゃ〜☆さ〜ん。

質問で〜す。

ノートの表紙や中身。

あるいはルーズリーフの中身を自由にデザインして販売させてくれるような会社はありませんか?
| 炎みかみちゃん | その他 | comments(1) | - |